HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染経路別)2008

HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(国籍別・性別)2008より続く





厚生労働省エイズ動向委員会の報告からの記事を続けたい思います。

人気blogランキングへ

HIV/AIDS(エイズ)に関して、HIVの感染経路はどうなっているのでしょうか。以下の感染経路があるようです。

1)異性間の性的接触
2)同性間の性的接触
3)静注薬物濫用
4)母子感染
5)その他
6)不明

さて、上図を見ましても明らかなように、同性間の性的接触の比率が抜きんでいます。異性間の性的接触も多いのですが、同性間と比較しますと少ない%になっています。

ただし、同性間の性的接触の比率が多いことの統計に対しては、注意して評価すべきであるという専門家の指摘もあります。

ホモセクシャルの方々は自分たちはリスクが高いことを認識しているために、積極的に検査を行ない、陽性であることが判明しやすいのに対し、異性間の場合には検査に行く頻度が格段に少ないために感染者であっても埋もれているのではないかという指摘です。

このような指摘は、的を射ている可能性があります。表面のみでなく、統計を慎重にみる必要があるのではないかと思います。

HIV/AIDS(エイズ):日本国籍男性の感染経路別(同性間性的接触など)2008



HIV/エイズのリンク集 ←クリック!

トップページへ



HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(国籍別・性別)2008

HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染者数/患者数)2008より続く





今回も厚生労働省エイズ動向委員会の報告からです。

HIV/AIDS(エイズ)は、日本国籍と外国国籍、男性と女性別に見るとどうなっているでしょうか?

人気blogランキングへ

上図をご覧いただければ明らかなように、日本国籍男性でのHIV感染者報告数の伸びが際立っています。

なお、今回も強調させていただきたいと思いますが、この縦軸の数は累積数ではなく新規の報告者数です。 日本国籍男性でのHIV感染者報告数は、直線よりも2乗の指数関数に的に増加しているようにも見えます。と言うことは、累積者数は、3乗的に増加していることになってしまいます。

国民の皆様に、このような認識があるのかどうか心配しているのは、私だけでしょうか?

HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染経路別)2008




HIV/エイズのリンク集 ←クリック!

トップページへ



HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染者数/患者数)2008




HIV/AIDS(エイズ)は、日本で現在どのような状況にあるのでしょうか。

人気blogランキングへ

マスコミでの取り上げ方が少ないと、日本ではHIV/AIDS(エイズ)が下火になっているものと、国民の皆様に勘違いされてしまうことがあるかも知れません。

しかし、とても残念なことに、日本におけるHIV感染者数、AIDS(エイズ)患者数は増えています。

上図(厚生労働省エイズ動向委員会の報告より)は注意してご覧いただきたいと思います。縦軸は、新規の報告者数です。

新規の報告者数が直線的に増えているということは、累積者数は指数関数的に増えていることになるのです。

管理人は、毎日のようにマスコミでとりあげないことには、日本での感染者数の増加にブレーキがかからないのではないかと懸念しています。

HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(国籍別・性別)2008




HIV/エイズのリンク集 ←クリック!

トップページへ



HIVとAIDS(エイズ)の違い

エイズ/HIVと関連いたしましてよくいただく質問に、以下があります。

「エイズとHIVはどう違うのか」

確かに、HIVとエイズは同じようなイメージを持たれるのではないかと思います。
HIVとエイズの違いを、簡単に記事にさせていただきます。


HIV感染症

HIV(Human Immunodeficiency Virus)という、免疫能を低下させるウイルスに感染した状態です。
感染急性期の風邪用症状、さらに進行しますと、倦怠感、微熱、下痢、体重減少、リンパ節腫脹などの症状が出ることがありますが、特に命に関わるという訳ではありません。
ウイルスを体内に持っているキャリアーと言える時期です。
ただし、人間はHIVを排除できる訳ではありませんので、免疫能は徐々に低下していきます。



エイズ

HIV感染症の結果として免疫能が相当に低下して、カリニ肺炎などの命にかかわる病気や、免疫能が正常である人にはかからないような病気を発症した状態です。
通常、HIV感染症からエイズ発症までは10年くらいです。

HIV感染症からエイズ発症までは10年もあるというのは、その間に感染がひろがるということでもあります。

悶々とすることなく、保健所等で、早々に検査を受けましょう。

保健所では、無料、匿名での検査が可能です。

早期診断は、いろんな意味で、とっても重要です!



<HIV/エイズのリンク集>

トップページへ


人気blogランキングへ

【HIV/エイズ】この質問分かりますか?

先ほどの、HIV/エイズに関する記事の続編です。

たとえば、HIV/エイズに関する下記のようなQ&Aがあります。

お分かりになるでしょうか?

下記以外も、全て、とっても大事な内容が掲載されています。

全世界中の人に知っておいて頂きたいです。



17)クラミジアや淋病などに感染していると、HIVに感染しやすい?

18)避妊用にピルを使っているから、HIVにも感染しない?


HIV・エイズのQ & A



<HIV/エイズ関連記事のリンク集>

【HIV感染症とエイズはどう違うの?】

【エイズ/HIV感染症は増えている!?】日本の現状

【日本人のHIV感染症(エイズ)】危機感をもちましょう

【資料:エイズ/HIV感染症の現状】日本です!

【HIV/エイズ】この質問分かりますか?

HIV/エイズの感染者についてアンケート(集計)

【HIV/エイズのアンケート】(結果について)

【HIV検査の健康診断取り込み?】

【HIV/エイズ関連ニュースです】引用

エイズ対策:マスコミの威力に心から期待!(もう一度強調します)

【1日に4人がHIVに感染している】日本の話です!

【HIV/エイズの検査】(動画での説明あり!)


健康病気症状相談コーナーの入り口へ

人気blogランキングへ(病気症状の分野) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。

【資料:エイズ/HIV感染症の現状】日本です!

日本でのエイズ/HIV感染症は、
相当な勢いで増加しています。

そのことをはっきりグラフなどで示している資料を
添付いたします。

http://api-net.jfap.or.jp/mhw/survey/06nenpo/gaiyou.pdf

なお、資料のグラフなどは、発生数(新規の報告数)となっています。
累積数ではありませんので、注意してご覧くださいませ。

つまり、累積感染者数は、
指数関数的に増加していることになります。

まずは、現状を、しっかり理解することが
とても大事と思っています。



最近、マスコミがあまりHIV/エイズを取り上げませんので、
日本のエイズは下火になっていると勘違いしている人が少なくないのではないかと、
とても危惧しています。



<HIV/エイズ関連記事のリンク集>

【HIV感染症とエイズはどう違うの?】

【エイズ/HIV感染症は増えている!?】日本の現状

【日本人のHIV感染症(エイズ)】危機感をもちましょう

【資料:エイズ/HIV感染症の現状】日本です!

【HIV/エイズ】この質問分かりますか?

HIV/エイズの感染者についてアンケート(集計)

【HIV/エイズのアンケート】(結果について)

【HIV検査の健康診断取り込み?】

【HIV/エイズ関連ニュースです】引用

エイズ対策:マスコミの威力に心から期待!(もう一度強調します)

【1日に4人がHIVに感染している】日本の話です!

【HIV/エイズの検査】(動画での説明あり!)





健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

【エイズ/HIV感染症は増えている!?】日本の現状

Q:先進国の中で、唯一、HIV感染症/エイズが増えている国があります。どの国でしょうか?

A:日本です!!


かつて医療関係の仕事をしていたという知人に、上記の質問をしました。
日本で、HIV感染症/エイズが増えているという事実を知りませんでした。

どうも、最近マスコミがあまりとりあげないので、HIV感染は下火になっていると思われていたそうです。

かつて医療関係の仕事をされていた方ですら、HIV感染の日本での現状をご存知なかったのです。

私は、日本国民のかなりの方が、日本でHIV感染が下火になっていると勘違いされているのではないかと心配しています。

マスコミの力は絶大です。この日本の危機を救うためにも、定期的にニュースを流す、政治広報を行う、特別番組を定期的に企画するという努力がなされるべきではないかと思っています。

日本でHIV感染症を減少に転じさせるためには、国、自治体、病院、保健所、企業、個人の全てのレベルにおける努力が必要ではないかと思っています。

なお、保健所では、匿名、無料で、HIVの検査をしてもらえるということを、国民の何割が知っているか、やや心配しています。

このブログでのアンケート調査の結果は、この記事の下にあります。



<HIV/エイズ関連記事のリンク集>

【HIV感染症とエイズはどう違うの?】

【エイズ/HIV感染症は増えている!?】日本の現状

【日本人のHIV感染症(エイズ)】危機感をもちましょう

【資料:エイズ/HIV感染症の現状】日本です!

【HIV/エイズ】この質問分かりますか?

HIV/エイズの感染者についてアンケート(集計)

【HIV/エイズのアンケート】(結果について)

【HIV検査の健康診断取り込み?】

【HIV/エイズ関連ニュースです】引用

エイズ対策:マスコミの威力に心から期待!(もう一度強調します)

【1日に4人がHIVに感染している】日本の話です!

【HIV/エイズの検査】(動画での説明あり!)





健康・病気・症状相談のトップへ

人気blogランキングへ(病気・症状領域)

HIV/エイズの感染者についてアンケート(集計)

HIV/エイズ関連のアンケートを実施させていただいたところ、1週間で12人の皆様にご投票いただきました。

ありがとうございます。

日本におけるHIV感染者の新規報告数は増加している(累積感染者数は指数関数的に増加している)という回答がもっとも多い(58%)結果になりました。正しい認織の方が、最も多かったということになります。

しかし、それ以外の回答(42%)も少なくありませんでしたので、まだまだ日本国民にHIV/エイズの情報が浸透しているわけではないものと考えられます。

個人的には、日本政府としてもっと啓蒙につとめるべきではないかと思っています。

マスコミやインターネットの力は絶大ですので、もっとこれらを利用してはどうかと思っています。HIV/エイズが増加しているにもかかわらず、残念ながらマスコミがこの話題を取り上げる頻度が低下しているように思います。

HIV感染者が1人増えるだけで、治療費に莫大な医療費を要してしまいます。
これを食い止めるために、マスコミやインターネットを最大限に利用することが効率良いのではないかと思っています。



追伸:次回、また別のアンケートを考えたいと思います。より多くの方のご意見を伺えるように、次回はアンケート期間をもっと長くしたいと思っています。





<HIV/エイズ関連記事のリンク集>

【HIV感染症とエイズはどう違うの?】

【エイズ/HIV感染症は増えている!?】日本の現状

【日本人のHIV感染症(エイズ)】危機感をもちましょう

【資料:エイズ/HIV感染症の現状】日本です!

【HIV/エイズ】この質問分かりますか?

HIV/エイズの感染者についてアンケート(集計)

【HIV/エイズのアンケート】(結果について)

【HIV検査の健康診断取り込み?】

【HIV/エイズ関連ニュースです】引用

エイズ対策:マスコミの威力に心から期待!(もう一度強調します)

【1日に4人がHIVに感染している】日本の話です!

【HIV/エイズの検査】(動画での説明あり!)





健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

【エイズとHIV感染症はどう違うの?】

エイズ/HIVの記事を出させていただいたところ、
知人の方から、エイズとHIVはどう違うのかという
個人メールをいただきました。

詳細は、下記のエイズ予防財団のHP等で分かりますが、
簡単にここで書かせていただきます。

http://api-net.jfap.or.jp/
http://api-net.jfap.or.jp/mhw/survey/06nenpo/gaiyou.pdf



HIV感染症:
HIVという、免疫能を低下させるウイルスに感染した状態です。
感染急性期の風邪用症状、
さらに進むと、倦怠感、微熱、下痢、体重減少、リンパ節腫脹
などの症状が出ることがありますが、
特に命に関わるという訳ではありません。
ウイルスを体内に持っているキャリアーと言える時期です。
ただし、人間はHIVを排除できる訳ではありませんので、
免疫能は徐々に低下していきます。


エイズ:
HIV感染症の結果として免疫能が相当に低下して、
カリニ肺炎などの命にかかわる病気や、
免疫能が正常である人にはかからないような病気を発症した状態です。
通常、HIV感染症からエイズ発症までは10年くらいです。

HIV感染症からエイズ発症までは10年もあるというのは、
その間に感染がひろがるということでもあります。


悶々とすることなく、
保健所等で、早々に検査を受けましょう!

保健所では、無料、匿名での検査が可能です。

早期診断は、いろんな意味で、
とっても重要です!

<HIV/エイズのリンク集>

トップページへ


人気blogランキングへ
↑ ↑ ↑  ワンクリックでご支持いただけますと嬉しいです。
いつも多大なご支援を頂きありがとうございます。

【HIV感染症とエイズはどう違うの?】

以前、エイズ/HIVの記事を出させていただいたところ、
エイズとHIVはどう違うのかという個人メールをいただきました。

簡単にここで書かせていただきます。


HIV感染症
HIVという、免疫能を低下させるウイルスに感染した状態です。感染急性期の風邪用症状、さらに進むと、倦怠感、微熱、下痢、体重減少、リンパ節腫脹などの症状が出ることがありますが、特に命に関わるという訳ではありません。ウイルスを体内に持っているキャリアーと言える時期です。ただし、人間はHIVを排除できる訳ではありませんので、免疫能は徐々に低下していきます。


エイズ
HIV感染症の結果として免疫能が相当に低下して、カリニ肺炎などの命にかかわる病気や、免疫能が正常である人にはかからないような病気を発症した状態です。
通常、HIV感染症からエイズ発症までは10年くらいです。
HIV感染症からエイズ発症までは10年もあるというのは、
その間に感染がひろがるということでもあります。

人気blogランキングへ



<HIV/エイズ関連記事のリンク集>

【HIV感染症とエイズはどう違うの?】

【エイズ/HIV感染症は増えている!?】日本の現状

【日本人のHIV感染症(エイズ)】危機感をもちましょう

【資料:エイズ/HIV感染症の現状】日本です!

【HIV/エイズ】この質問分かりますか?

HIV/エイズの感染者についてアンケート(集計)

【HIV/エイズのアンケート】(結果について)

【HIV検査の健康診断取り込み?】

【HIV/エイズ関連ニュースです】引用

エイズ対策:マスコミの威力に心から期待!(もう一度強調します)

【1日に4人がHIVに感染している】日本の話です!

【HIV/エイズの検査】(動画での説明あり!)




健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • 【胸痛】:リンク集
    あーちゃん (07/10)
  • 【胸痛】:リンク集
    AF冠者 (07/10)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (06/13)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    hisa (06/13)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (06/11)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    hisa (06/10)
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会