慢性咳嗽:咳が3週間以上続く

「咳が3週間以上続く」

本日、上記の検索でこのブログを訪問していただいた方がおられますので、記事にしておきたいと思います。咳嗽(がいそう)と咳(せき)は同じと思っていただいて大丈夫です。


咳(せき)は、その持続期間で医学的な分類があります。

1)急性咳嗽 :3週間未満の咳嗽(がいそう)。

2)遷延(せんえん)性咳嗽3週間以上持続する咳嗽。

3)慢性咳嗽8週間以上持続する咳嗽。



また、咳嗽の性質でも分類があります。

1)乾性咳嗽:いわゆる「コンコン」と言う咳(せき)です。
喀痰(たん)を伴わない咳です。

2)湿性咳嗽:いわゆる「ゴホンゴホン」と言う咳です。
喀痰(たん)を伴う咳です。
生体防御機構としての生理的な咳とも言えます。


一口に咳(せき)と言っても色々です。
上記のいずれであるかによって、診断も治療も変わってきますので、どういう咳であるかの見極めはとても大事です。


なお、「咳が3週間以上続く」場合には、単なる風邪(かぜ)ということはあまりないでしょう。
気管支喘息、咳喘息、アトピー咳嗽なども考慮する必要があります。

呼吸器内科専門医の診察を受けましょう


参考になる大学病院のブログをリンクしておきます。医療関係者対象の記事になっています。
咳嗽ガイドライン



人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

健康病気症状相談コーナーの先頭へ


咳嗽に関するガイドライン:アトピー咳嗽など

風邪かと思っていたけれども、3週間、2ヶ月と咳が続くということで受診される方が多々おられます。

きっかけは風邪だったかも知れませんが、風邪が何週間も続くことはありません。

まず、胸部レントゲン写真を撮影すべきです。それにより、慢性に持続する咳の原因が判明することがあります(肺炎、気管支肺炎、結核、肺癌その他多数)。

しかし、胸部レントゲン写真では異常がないことも多々あるでしょう。

日本では、胸部レントゲン写真では異常がないにもかかわらず、長く持続する咳(慢性咳嗽)の原因としましては、気管支喘息の他には、以下のような疾患があります。

1)咳喘息
2)アトピー咳嗽
3)副鼻腔気管支症候群

これらの他に、かぜ症候群後遷延性咳嗽、胃食道逆流による咳嗽、ACE阻害薬(血圧のお薬の一種)による咳嗽、心因性・習慣性咳嗽などもあります。

日本呼吸器学会「咳嗽に関するガイドライン」が発刊されていますが、この中では、治療診断がかなり取り入れられているようです(咳嗽ガイドライン)。

治療診断というのは、治療をしてみて診断を行う手法です。たとえば、気管支拡張薬は、気管支喘息や咳喘息にしか効果がないため、もし効果があればこれらの病気だけれども、もし効かなければこれらの疾患ではないという考え方です。

一般臨床の現場において、現実的な手法ではないかと思います。

咳嗽に関するガイドラインに関連した大学病院のブログ記事がありましたので、以下にリンクしておきたいと思います。

大学病院の咳嗽関連ブログ:咳嗽ガイドライン


人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

健康病気症状相談コーナーの先頭へ


咳嗽ガイドライン、慢性咳嗽

一般臨床を行っていて、咳が止まらないと言うことで受診されるかたは大変多いと思います。

1週間以上の咳が続いていて風邪ということはあまりないでしょう。もちろん、1ヶ月以上続く咳で風邪ということは、ほとんどないでしょう。ただし、風邪をきっかけに咳がこじれる病気になっていた可能性はあります。

「風邪で咳が1ヶ月以上も続いて辛いです」というような内容で病院を受診されるかたが大変多いです。今まで内服されていたお薬を拝見しますと、通常の感冒薬です。。。

このような場合には、喘息、咳喘息、アトピー咳嗽などの疾患を考えます。

管理人は呼吸器が専門ではありませんので、参考になる大学病院のブログ(咳嗽ガイドライン)をリンクしておきたいと思います。


咳嗽ガイドライン


人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

健康病気症状相談コーナーの先頭へ

【夜間に多い咳(せき)】本当に風邪(かぜ)?

夜間に多い咳(せき)

上記または類似の検索でこのブログに入っていただいた方が、
最近多かったですので、補足しておきたいと思います。

咳はいろんな病気でみられる症状です。
一般内科のレベルで最も多いのは、やはり風邪(かぜ)だと思います。

しかし、1週間以上咳(せき)が続く場合は、風邪(かぜ)ではすまされない可能性が高いです。

まず、1週間以上咳が続く場合は、胸部レントゲン写真をとった方が良いです。
胸部レントゲン写真で異常が指摘されれば、それが咳の原因でしょう。

しかし、胸部レントゲンで異常がない場合の方が多いでしょう。




この場合、特に以下のいずれかがあてはまる場合は、
喘息または、喘息関連疾患を考えます。

1)夜間に咳が多い。特に、寝付きぎわや、明け方に咳が多い。
2)いつも風邪をひくと咳がこじれやすい。
3)咳とともに、ヒューヒュー、ゼイゼイが効かれる。呼吸困難がある。
3)アトーピー性皮膚炎がある。


このような時に、風邪薬をつかっても咳はおさまりません。

風邪薬の内容によっては、かえって悪くなることもあるでしょう。


喘息に使用するようなお薬が特効することがあります。



咳が長引く場合は、かぜとは思わずに、専門医の診察をうけましょう。



<咳が止まらないのリンク集>

【1週間以上続く咳(せき)、風邪?】喘息(ぜんそく)

【3ヶ月続いた咳が。。】ピタリと止まった!

【喘息:咳止めで窒息死?】

【風邪(かぜ)と風邪薬】連用は大丈夫?

【風邪薬と副作用】薬局での市販薬は?

【喘息(ぜんそく) 、市販薬】

【痰と窒息死】気管支喘息

【夜間に多い咳(せき)】本当に風邪(かぜ)




健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

【3ヶ月続いた咳が。。】ピタリと止まった!喘息

以前拝見した、30歳代男性の方の話です。
3ヶ月間以上、咳が止まらないということで、
1週間前にも受診されていました。

市販の咳止めは全く効かず、
近くの医院に受診して、風邪薬を処方されたけれども、
やはり咳が止まらないということでした。
胸のレントゲン写真も異常ありませんでした。

よくお話をお聞きしますと、
咳は、日中よりも夜間に多いということです。
また、今までも、風邪を引くと、
咳が長引きやすい
ということでした。

私は、この患者様は、
風邪ではなく(風邪がきっかけだったのかも知れませんが)、
アレルギーの要素の大きい咳(喘息の要素を含んだ咳)
であると判断しました。

そして、具体的には、テオドールという喘息で使うお薬と、
アレルギーのお薬であるアレグラの併用療法を行いました。

治療後、お聞きしたところ、3ヶ月も苦しんでいた激しい咳が、
魔法がかかったかのように、
ほとんど全くないまでに改善したそうです。

私は呼吸器専門医ではありませんので、
呼吸器専門医の先生がこのブログをご覧になっておられますと、
変な処方だとお叱りをうけるかも知れません。

しかし、患者さまは、咳がピタリと無くなって
大変喜んでおられましたので、
間違いの治療ではなかったと思っています。

レントゲン写真が正常であれば、
1週間以上続く咳で、
単なる風邪ということはあまりないでしょう。

喘息やアレルギーで使用されるお薬が、
しばしば劇的に効きます。

風邪薬が効かない、長引く咳は、
是非、呼吸器専門医にみてもらいましょう!



<咳が止まらないのリンク集>

【1週間以上続く咳(せき)、風邪?】喘息(ぜんそく)

【3ヶ月続いた咳が。。】ピタリと止まった!

【喘息:咳止めで窒息死?】

【風邪(かぜ)と風邪薬】連用は大丈夫?

【風邪薬と副作用】薬局での市販薬は?

【喘息(ぜんそく) 、市販薬】

【痰と窒息死】気管支喘息

【夜間に多い咳(せき)】本当に風邪(かぜ)




健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)
JUGEMテーマ:健康



【喘息:咳止めで窒息死?】

喘息でも、咳がでます。

そのため、風邪と、喘息の区別が困難なこともあります。

あるいは、最初は風邪だったかも知れませんが、
咳が長引いておかしいと思ったら、
喘息の状況になっていたということもあるでしょう。


喘息に対しては、通常強い咳止めは使用しません。
強い咳止めを使いますと、最悪の場合は、
痰がつまって窒息死ということもありえます。


風邪で、咳が1週間以上続くというのは例外的です。

自己判断により薬局で市販の咳止めをのむことはせずに、
呼吸器内科専門医を受診しましょう。



<咳が止まらないのリンク集>

【1週間以上続く咳(せき)、風邪?】喘息(ぜんそく)

【3ヶ月続いた咳が。。】ピタリと止まった!

【喘息:咳止めで窒息死?】

【風邪(かぜ)と風邪薬】連用は大丈夫?

【風邪薬と副作用】薬局での市販薬は?

【喘息(ぜんそく) 、市販薬】

【痰と窒息死】気管支喘息

【夜間に多い咳(せき)】本当に風邪(かぜ)





健康・病気・症状相談コーナーの1ページへ

人気blogランキングへ(病気・症状ジャンル)

【お薬で、手の指が震える?】 喘息

喘息のお薬の中には、手の指が震えるという副作用が出るものがあります。

ただし、手の指が震えるから、すぐ喘息の薬を止めるということはせずに、主治医と相談しましょう。

どんなお薬でもそうですが、メリットとデメリットの天秤関係になります。


気管支喘息のお薬の中で、手の指が震える副作用が出るものとしては、メプチン、スピロペントなどがあります。


健康病気症状相談コーナーのトップページへ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。


【胸部異常陰影】胸部CTの威力

健康診断では、胸部レントゲン撮影が、まず必ずのように行われます。

胸部レントゲン撮影の目的は、
肺癌、肺結核、その他の肺の病気の早期診断であることが
主目的であることは言うまでもないかも知れません。

ただし、
私は健康診断での胸部レントゲン撮影の意義について、
疑問を感じつつあります。

私は内科専門医ですが、
呼吸器の専門医ではありませんので、
これから書かせていただくことは、
呼吸器の専門医の先生からおしかりを受けるかもしれません。
できれば、コメント等でご指導いただければと思います。

ごく最近、私が敬意を表している某医療関係者が、
肺癌の治療を受けられるということがありました
(今は治癒状態になられてほっとしています)。
とてもまじめで、人間的にも成熟された方だと思っていた方です。

医療関係者でもあり、
当然毎年健康診断で胸部レントゲン写真をとっておられました。
しかし、健康診断で胸部レントゲンは異常なしと言われたすぐ後に、
CTで肺癌が指摘されました。


何のための、健康診断での胸部レントゲンだったのでしょう?
(見直してみてもやはり通常のレントゲンでの発見は不可能と考えられました)

健康診断での肺のチェックは、
通常のレントゲンでは意味がないのではないでしょうか?

胸部レントゲン写真と、胸部CTでは、精度はまるで雲泥の差です。

今のCTはとても性能が良くて、撮影時間も、
胸部レントゲン写真とほとんど変わりません。

健康診断で胸部レントゲン写真を行うのは、
かえって不適切なことがあるのではないかとさえ思ってしまいます。

健康診断では、胸部レントゲン写真を行わず
初めから胸部CTを行うべきであるという意見もあるところです。

健康診断のあり方も、
なお改善していくべきテーマかと考えています。



健康病気症状相談コーナーのトップページへ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。

【喘息(ぜんそく) 、市販薬】

ぜんそく  市販

上記の検索でこのブログに入っていただいた方がいらっしゃいますので、補足しておきたいと思います。

喘息(ぜんそく)で、どのようなイメージをもたれるでしょうか。
おそらく以下のようなイメージでしょうか。

・息がぜーぜー、ハーハー、ヒューヒューして、息苦しい。
・吸入治療が必要。
・花粉、かび、ハウスダストに注意が必要。

おおよそこのようなイメージでしょうか。

しかし、咳がなかなかとまらないタイプの喘息が大変多いです。
多くの方は、風邪(かぜ)がこじれていると感じて、風邪薬を求められます。
本当に、本当に、多いです。


しかし、1週間以上持続する咳は、まず風邪ではないと考えるべきでしょう。

ましてや、市販薬の風邪薬で治そうという考えは大変危険です。
風邪薬を下手に使うことで、窒息死を誘発する懸念すらあります。

早々に呼吸器内科専門医、または呼吸器に詳しい内科医の診療をうけましょう。

私は呼吸器内科専門医ではありませんので、自分の手におえないと感じた時は、
呼吸器内科専門医に紹介させていただくことにしています。


単なる風邪というような自己判断はしばしば危険です。



<咳が止まらないのリンク集>

【1週間以上続く咳(せき)、風邪?】喘息(ぜんそく)

【3ヶ月続いた咳が。。】ピタリと止まった!

【喘息:咳止めで窒息死?】

【風邪(かぜ)と風邪薬】連用は大丈夫?

【風邪薬と副作用】薬局での市販薬は?

【喘息(ぜんそく) 、市販薬】

【痰と窒息死】気管支喘息

【夜間に多い咳(せき)】本当に風邪(かぜ)




健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

【胸部CTの威力!】肺がんの検出

胸部CTという検査は、肺がんの検出に極めて威力を発揮します。このことは、既に記述しましたが、自分の経験を踏まえてさらに強調しておきたいと思います。

胸部CTでは、ここに肺がんがしっかり存在する。だから、胸部レントゲン写真では、必ずこのあたりに肺がんが写るはずである。そいういう目で、胸部レントゲン写真をみることがあります。しかし、どうしても分からないことがあるのです。

昔のCTは撮影時間がかなりかかったと思いますが、今のCTはとても性能が良くて、20秒以内くらいにとれてしまいます(上位機種ならもっと速いです)。

肺がん検出にかけては、胸部CTの力は絶大です。


健康病気症状相談コーナーの先頭へ 

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。

search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • 【胸痛】:リンク集
    あーちゃん (07/10)
  • 【胸痛】:リンク集
    AF冠者 (07/10)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (06/13)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    hisa (06/13)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (06/11)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    hisa (06/10)
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会