納豆と、アスピリン、ワーファリン、プラビックス

質問:血栓症を予防するお薬をのんでいる人は、納豆は食べれないってテレビで報道していました。私は、心筋梗塞を予防するためにアスピリンを内服しているのですが、納豆を食べてはいけないのでしょうか?

答え:ワーファリンというお薬を内服している人は、納豆を食べてはいけませんが、ワーファリン以外のお薬を内服している人はどんどん納豆を食べても大丈夫です。



血栓症の臨床(図解)



アスピリン
主として、心筋梗塞や脳梗塞などの、動脈の血栓症を予防するために使用されます。
アスピリンというと、風邪薬、頭痛薬のイメージが強いでしょうか。
実際、バッファリン(成分はアスピリンそのものです)は、今でも頭痛薬として使用されています。
しかし、今はアスピリンといえば、血栓症の治療薬としての方が使われています。


ワーファリン
主として、深部静脈血栓症や肺塞栓などの静脈の血栓症を予防するために使用されます。
また、心房細動という脳梗塞を誘発しやすい不整脈がありますが、心房細動の患者様にもよく使われます。


ワーファリンは、ビタミンKというビタミンの働きを抑えることにより、血栓症を発症しにくくします。
一方、納豆は世界中の食べ物のなかで、最もビタミンKを豊富に含んでいる食べ物です。
ですから、ワーファリンを内服している人が、納豆を食べますと、ワーファリンの効果がすぐに消えてしまうので危ないのです。


アスピリン、プラビックス、パナルジン、プレタール、プロサイリン、ドルナーなどの他のお薬を内服している場合には、関係ありませんので、納豆は食して良い訳です。


(備考)
血栓症とは:
脳梗塞、心筋梗塞、深部静脈血栓症、肺塞栓などのように、血管が詰まって発症する病気のことを、「血栓症」と総称しています。
文字通り、血管にふた(栓)ができて閉塞してしまう病気です。




<納豆の医学のリンク集>

【納豆】血栓を溶かす「納豆キナーゼ」

【納豆の是非?】ワーファリン、アスピリン、血栓

【納豆の豆知識】入院中の食事メニューとワーファリン

【プラビックス、ビタミンK、納豆】ワーファリン

【ワーファリン】望まれる次世代のワーファリン

【ビタミンKってどんなビタミン?】

【にくなっとう、凝固因子】ビタミンK依存性凝固因子の覚え方


【プラビックス】リンク集




<ワーファリンのリンク集>

【ワーファリンの位置付け】
【抗血栓療法の種類】アスピリン、ワーファリン他
【抗血栓療法、抗凝固療法、抗血小板療法】意味が違う
【ワーファリンとワルファリン】商品名と薬品名
【血液をさらさらにするお薬】研修医は大丈夫?

【ワーファリンの歴史と雑学】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の歴史】牛の奇病
【ワーファリン命名の歴史】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の雑学】殺鼠薬

【ワーファリンの内服法】
【ワーファリンの内服時間】
【ワーファリン】内服(のみ)忘れ

【ワーファリンと食事の注意】
【納豆の豆知識】入院中の食事メニューとワーファリン
【納豆の是非?】ワーファリン、アスピリン、血栓

【ワーファリンの副作用】
【ワーファリン】催奇形性(副作用)

【ワーファリンの将来】
【ワーファリン】望まれる次世代のワーファリン

【心房細動とワーファリン】
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンそれともアスピリン?
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンです!

【ワーファリンとプラビックス】
【プラビックスとワーファリンの違い】

【PT-INR】
【PT-INRのリンク集】



<アスピリン(バッファリン)のリンク集>

抗血栓療法の種類(アスピリン、ワーファリン他)

バッファリン(アスピリン)は、痛み止めでないの?

頭痛薬(バッファリン)で出血の若い女性

アスピリン ジレンマとは?

(問題)心房細動と脳塞栓:ワーファリンそれともアスピリン?

(答)心房細動と脳塞栓:ワーファリンそれともアスピリン?

アスピリンとエコノミークラス症候群??

アスピリン/パナルジンは血栓を溶かすか?(線溶)

納豆の是非?:ワーファリン、アスピリン

アスピリンとプロトロンビン時間?





健康病気症状相談コーナーのトップへ

人気blogランキングへ(病気症状のジャンル)

アスピリンとワーファリンの使い分け(間違い処方)

代表的な血栓症(thrombosis)としては、脳梗塞、心筋梗塞、深部静脈血栓症、肺塞栓などが知られています。

これらの血栓症に対する治療を、抗血栓療法と言います。 


人気blogランキングへ(病気・症状の分野) ←クリックは、このブログへの投票になります。ご支援いただけますと大変嬉しいです。


抗血栓療法は、 
1)抗血小板療法:アスピリン(=バファリン)など 
2)抗凝固療法:ワーファリンなど 
に分類されますが、その使い分けがとても重要です。 

この使い分けを間違いますと、効果はほとんど出ないにもかかわらず、出血の副作用ばかりが出るといった、とんでもないことになってしまいます。 


さて、以下に間違った処方を列挙してみました。

あなたの処方は大丈夫でしょうか? 

・脳梗塞にワーファリン:心房細動でなければ、疑問を感じます。ただし、心房細動があればワーファリンが良いです。

 ・冠動脈ステント留置の狭心症にワーファリン:これは間違いです。アスピリンと他の抗血小板療法薬(プラビックスなど)の併用が良いです。 

・閉塞性動脈硬化症(末梢動脈血栓症)にワーファリン:疑問を感じます。 原則として抗血小板療法を行うべきです。アスピリンも有効ですが、血管拡張作用を併せ持つ、プレタール、プロサイリン、ドルナーは時にさらに有効です。閉塞性動脈硬化症に、抗血小板療法のみならず抗凝固療法を併用すると効果は全くアップしないにもかかわらず、出血の副作用が増大するというN Engl J Med(世界一の一流雑誌です)の有名な報告があります。 

・深部静脈血栓症にアスピリン:疑問を感じます。 原則としてワーファリンにすべきです。

・肺塞栓にアスピリン:疑問を感じます。 原則としてワーファリンにすべきです。 ただし、症例によっては(肺高血圧症を伴う場合)、プロサイリンやドルナーも良いでしょう。プロサイリンやドルナーには、肺動脈圧を低下させる作用があります。

・心房細動にアスピリン: 心房細動では原則としてワーファリンを使います。 


アスピリンとワーファリンの使い分けはとても大事なのですが、残念ながら全ての臨床家が、アスピリンとワーファリンの使い分けを熟知していないものと推測されます。 

患者様も、自分の治療は何が良いのか考えてみた方が良い時代になっているのだと思います。 

全て主治医まかせというのも、インターネット全盛の現在においては、時には問題となるように思っています。 


<アスピリンとワーファリンの使い分けのリンク集> 

【抗血栓療法の種類と治療】 

心房細動と脳梗塞】 
心房細動と脳塞栓(答えは。。。) 【答えを当てよう!】 
 
【もう一度確認】 


<閉塞性動脈硬化症のリンク集> 


PT-INRとアスピリン

アスピリン(バファリン)  プロトロンビン時間(INR)

時々、上記あるいは上記類似の検索で、このブログに入っていただく方が少なからずいらっしゃいます。

<参考記事>(シリーズ)

血栓症状の臨床(図解)クリック(推薦です!)

PT(PT-INR)大学病院のブログ記事です。


ワルファリン(商品名:ワーファリン)(抗凝固療法)のコントロール状況をチェックするためには、以下の検査を行っています。


1)プロトロンビン時間(PT、PT-INR)、トロンボテスト(TT):

多くの臨床家はワーファリンコントロールをこれらのマーカーで行っているのが現状です。しかし、ここはブログ(管理人の日記)であることを前提に、自分自身の考えを書かせていただきますと、これらのマーカーは、ワーファリンの効果を判断するマーカーではなく、ワーファリンの出血の副作用がでないかどうかをみるマーカーと思っています。ワーファリンの効果判定マーカーは以下のF1+2と考えています。


2)プロトロンビンフラグメント1+2(F1+2):

F1+2は凝固活性化の程度をみるマーカーです。十分にワーファリンが効いている場合には、F1+2のレベルはしばしば正常値以下にまでが低下します。


さて、アスピリン(抗血小板療法)のコントロール状況をチェックするにはどうすれば良いのでしょうか?残念ながら、どこの医療機関でも行えるような適当な検査がないのが現状です。いくつかの項目が研究レベルで検討されていますが、まだ臨床応用されるまではいたっていないのです。

なお、アスピリンは血小板の働きを抑制しますが、凝固には影響を与えませんので、プロトロンビン時間を変動させることはありません。言い換えれば、アスピリンのコントロールを、プロトロンビン時間(PT-INR)で行うことはできません。


【ワーファリン】INR vs.トロンボテスト:R

【ワーファリン】INR、トロンボテストで良い?:R

【ワーファリンの血液検査と内服量】INRとトロンボテスト:R

【アスピリン、ワーファリン、プロトロンビン時間】

【PT-INRの正常値とコントロール域】ワーファリン



<アスピリン(バッファリン)のリンク集>

抗血栓療法の種類(アスピリン、ワーファリン他)

バッファリン(アスピリン)は、痛み止めでないの?

頭痛薬(バッファリン)で出血の若い女性

アスピリン ジレンマとは?

(問題)心房細動と脳塞栓:ワーファリンそれともアスピリン?

(答)心房細動と脳塞栓:ワーファリンそれともアスピリン?

アスピリンとエコノミークラス症候群??

アスピリン/パナルジンは血栓を溶かすか?(線溶)

納豆の是非?:ワーファリン、アスピリン

アスピリンとプロトロンビン時間?





<参考> 深部静脈血栓症のリンク集



健康病気症状相談の入り口へ

人気blogランキングへ(病気・症状の分野)

【アスピリン】血液さらさら薬のアスピリンジレンマ

アスピリン(バッファリンも同じ)は、
血小板という血を止めるのに必要な成分の働きを抑制して、
血液をさらさらにするお薬です。


頭痛薬や、消炎鎮痛薬としてのアスピリンの使い方も全くない訳ではありませんが、
今はアスピリンと言えば、
抗血栓療法のお薬(血液をさらさらにするお薬)の代名詞です。

実際、アスピリンは、脳梗塞や心筋梗塞の発症を予防する目的で、
多くの患者様に使用されています。




アスピリンには次のような働きがあります。


1)トロンボキサンA2の産生を抑制する。

トロンボキサンA2は、血小板の働きを高め血管を収縮させる作用があるため、血栓ができやすくなる方向へ作用します。そのため、血栓症という観点からは、トロンボキサンA2は悪玉ということになります。


2)プロスタサイクリン(PGI2とも言う)の産生を抑制する。

プロスタサイクリンは、血小板の働きをおさえ血管を拡張させる作用があるため、血栓ができにくくなる方向へ作用します。そのため、血栓症という観点からは、プロスタサイクリンは善玉ということになります。



結局、アスピリンは、トロンボキサンA2という悪玉だけでなく、
プロスタサイクリンという善玉の産生も抑制してしまいます。

このことを、「アスピリンジレンマ」と言います。


ところが、ラッキーなことに、
アスピリンをちょっぴりと少量で使いますと、
悪玉だけを選択的に抑制してくれるのです。


アスピリンというのは不思議なお薬です。
高用量で使用した方が効くという訳ではないのです。


血液をさらさらにする目的でアスピリンを使用している時は、
あまり効いていないので増量するというのは、間違った考え方になります。

そういう時は、他剤への変更、または他剤との併用が良いでしょう。


(追記)
アスピリンを昔、関節リウマチに使用していた時は、1日4g使用することもありました。しかし、血栓症に対して使用する時には、1日40〜100mgで充分です。なんと、2桁も少ない量で使用しているのです。
こんなに少量で使用するのは、アスピリンジレンマを回避するためなのです。



<アスピリン(バッファリン)のリンク集>

抗血栓療法の種類(アスピリン、ワーファリン他)

バッファリン(アスピリン)は、痛み止めでないの?

頭痛薬(バッファリン)で出血の若い女性

アスピリン ジレンマとは?

(問題)心房細動と脳塞栓:ワーファリンそれともアスピリン?

(答)心房細動と脳塞栓:ワーファリンそれともアスピリン?

アスピリンとエコノミークラス症候群??

アスピリン/パナルジンは血栓を溶かすか?(線溶)

納豆の是非?:ワーファリン、アスピリン

アスピリンとプロトロンビン時間?






<頭痛(薬)のリンク集>

【筋緊張性頭痛】SG顆粒、頭痛と脳梗塞

【頭痛】脳梗塞の前兆?

【バッファリン(アスピリン)】痛み止めでないの?

【頭痛薬で出血の若い女性】 アスピリンと出血

【アスピリン】血液さらさら薬のアスピリンジレンマ

【帯状疱疹】頭痛の誤診に注意!

【頭部打撲1ヶ月以上して麻痺】慢性硬膜下血腫





<健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。


【血液をさらさらにするお薬】番外編、線溶療法。

血液をさらさらにするお薬による治療は、医学的には、抗血栓療法と言っています。

抗血栓療法には、抗血小板療法と、抗凝固療法があることは、前の記事で書かせていただきました。ただし、番外編として追加があります。


それは、できてしまった血栓を溶かす治療です。

医学的には、線溶療法(または、血栓溶解療法)と言います。


この治療に成功しますと、患者様の症状は劇的に改善します。

そのため、臨床家も使いたがる傾向にあります。
ただし注意が必要です。
使用方法を間違えますと、重症の出血の副作用が出て、患者様はかえって悪くなってしまうことがあります。


さらに言わせていただくとしますと、線溶療法は、血栓症を発症してしまったあとに行う治療です。

このような治療のお世話にならないように、抗血小板療法または抗凝固療法をしっかり行っておくことが理想的です。



抗血栓療法の種類(+アルファ)

1)抗血小板療法:アスピリン(バファリンと同じ)など

2)抗凝固療法:ワーファリンなど

3)線溶療法:ウロキナーゼ、t-PAなど



健康・病気・症状相談の先頭へ

人気blogランキングへ(病気・症状カテゴリー)

【血液をさらさらにするお薬】その種類、抗血小板・抗凝固療法

血液をさらさらにするお薬は、脳梗塞、心筋梗塞などの血栓症の発症をおさえるために、とても重要です。

血液をさらさらにするお薬による治療は、医学的には、抗血栓療法と言っています。

血栓症は、血小板と凝固因子が協力して発症しますので、抗血栓療法には、血小板の働きをおさえる治療(医学的には抗血小板療法と言います)と、凝固の働きをおさえる治療(医学的には抗凝固療法と言います)に分類されます。

以下に、代表的な商品名で、お薬を紹介したいと思います。



抗血栓療法の種類(血液をさらさらにする治療の種類)

1)抗血小板療法:アスピリン(バファリンと同じ)、パナルジン、プラビックス、プレタール、プロサイリン、ドルナーなど

2)抗凝固療法:ワーファリン(飲み薬で抗凝固薬はワーファリンのみです、以下は注射薬です)、ヘパリン、フラグミン、オルガラン、アリクストラ、スロンノンなど


血液をさらさらにするお薬による治療(抗血栓療法)の使い分けは、とても重要です。

この使い分けを間違えますと、出血の副作用ばかりが出て、効果はほとんど出ないという、とんでもないことになってしまいます!!



健康病気症状相談コーナーの1ページ目へ

人気blogランキングへ(病気症状の領域)

【抗血栓療法、抗凝固療法、抗血小板療法】使い分け

血栓症を発症させない治療のことを、
抗血栓療法と言います。


抗血栓療法の分類


1. 抗血小板療法
血小板の働きを抑えて、血液をさらさらにするお薬です。
主として、動脈血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、末梢動脈血栓症など)の予防に用います。
もっとも歴史のあるお薬は、アスピリンバッファリンと同じ)です。

2. 抗凝固療法
凝固の働きを抑えて、血液をさらさらにするお薬です。
主として、静脈血栓症(深部静脈血栓症、肺塞栓など)や、
心房細動からの脳塞栓の予防に用います。
もっとも歴史のあるお薬は、ワーファリンです。

3. 線溶療法
できてしまった血栓を溶かす治療です。



抗血栓療法、抗凝固療法、抗血小板療法は、それぞれ意味するところが違います。



抗凝固療法と抗血小板療法を合わせて(線溶療法も含めることがあります)、抗血栓療法と言います。

たとえば、アスピリンによる抗凝固療法というのは、間違った言い方です。
アスピリンによる抗血小板療法ならOKです。
アスピリンによる抗血栓療法という言い方なら許せます。


臨床家の間でも、多少混乱があるようです。


しかし、どちらを使うかという使い分けはとても重要です。


しっかり区別すべきと考えられます。




<ワーファリンのリンク集>

【ワーファリンの位置付け】
【抗血栓療法の種類】アスピリン、ワーファリン他
【抗血栓療法、抗凝固療法、抗血小板療法】意味が違う
【ワーファリンとワルファリン】商品名と薬品名
【血液をさらさらにするお薬】研修医は大丈夫?

【ワーファリンの歴史と雑学】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の歴史】牛の奇病
【ワーファリン命名の歴史】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の雑学】殺鼠薬

【ワーファリンの内服法】
【ワーファリンの内服時間】
【ワーファリン】内服(のみ)忘れ

【ワーファリンと食事の注意】
【納豆の豆知識】入院中の食事メニューとワーファリン
【納豆の是非?】ワーファリン、アスピリン、血栓

【ワーファリンの副作用】
【ワーファリン】催奇形性(副作用)

【ワーファリンの将来】
【ワーファリン】望まれる次世代のワーファリン

【心房細動とワーファリン】
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンそれともアスピリン?
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンです!

【ワーファリンとプラビックス】
【プラビックスとワーファリンの違い】

【PT-INR】
【PT-INRのリンク集】





健康病気症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ)

【プラビックスとワーファリンの違い】パナルジン、アスピリン

「プラビックス  ワーファリン  違い」

上記の検索で、このブログに入っていただいた方がいらっしゃいますので、
補足しておきたいと思います。

今までも多数の類似記事を書かせていただきましたが、抗血小板薬(アスピリン、パナルジン、プラビックスなど)と、抗凝固薬(ワーファリン)は、違う分類に入るお薬です。

もしよろしければ、右サイドのカテゴリーから「アスピリンvsワーファリン」の中の記事をご覧いただければと思います。

ですから、プラビックスは抗血小板薬ワーファリンは抗凝固薬です。

それにともなって、治療対象疾患が異なってきます。

抗血小板薬は、血小板活性化がおきている病気で使用します。具体的には、プラビックスの適応は「虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制」(=脳梗塞予防)などです。

抗凝固薬は、凝固活性化がおきている病気で使用します。具体的には、ワーファリンは、深部静脈血栓症、肺塞栓、心房細動などで用いられます。

この点につきましては、「アスピリンvsワーファリン」のカテゴリーから、類似記事を多数ご覧いただけます。


ということで、「プラビックス  ワーファリン  違い」ですが、
お薬を使用する適応疾患が違うことになります。


なお、プラビックスは新しいお薬ですが、パナルジンの改良型です。
今後新規にお薬を開始する場合は、従来パナルジンが使用されていたような場合は、
プラビックスが使用されるようになっていくと思います。


(補足)
同じ脳梗塞の再発予防でも、心原性脳塞栓症(心房細動が原因)の場合は、プラビックスではなくワーファリンを使用します。




<プラビックスのリンク>

【プラビックスとプレタールの違い】ASO、脳梗塞、PCI

【プラビックス】短所は?パナルジンとの比較

【プラビックスとワーファリンの違い】パナルジン、アスピリン

【プラビックス、ビタミンK、納豆】ワーファリン

【プラビックス:納豆OK?】ワーファリン、アスピリン



<ワーファリンのリンク集>

【ワーファリンの位置付け】
【抗血栓療法の種類】アスピリン、ワーファリン他
【抗血栓療法、抗凝固療法、抗血小板療法】意味が違う
【ワーファリンとワルファリン】商品名と薬品名
【血液をさらさらにするお薬】研修医は大丈夫?

【ワーファリンの歴史と雑学】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の歴史】牛の奇病
【ワーファリン命名の歴史】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の雑学】殺鼠薬

【ワーファリンの内服法】
【ワーファリンの内服時間】
【ワーファリン】内服(のみ)忘れ

【ワーファリンと食事の注意】
【納豆の豆知識】入院中の食事メニューとワーファリン
【納豆の是非?】ワーファリン、アスピリン、血栓

【ワーファリンの副作用】
【ワーファリン】催奇形性(副作用)

【ワーファリンの将来】
【ワーファリン】望まれる次世代のワーファリン

【心房細動とワーファリン】
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンそれともアスピリン?
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンです!

【ワーファリンとプラビックス】
【プラビックスとワーファリンの違い】

【PT-INR】
【PT-INRのリンク集】




健康・病気・症状相談コーナーの先頭へ

人気blogランキングへ(健康医療中の病気・症状分野)

【血液をさらさらにするお薬】研修医は大丈夫?

研修医に
「あなたの病気には、アスピリンによる抗凝固療法が必要です。」

と言われたら、残念ながらその主治医は、
アスピリンとワーファリンの違いが分かっていません。
研修不足と言わざるをえません。


アスピリンは、抗凝固療法ではなく、抗血小板療法です。


ワーファリンが、抗凝固療法です。


「あなたの病気には、アスピリンによる抗血栓療法が必要です。」と言われた場合はOKです。
ちゃんと日本語になっています。


もちろん「あなたの病気には、アスピリンによる抗血小板療法が必要です。」と言われた場合もOKです。




このブログの記事を読まれたあなたは、研修医の知識を超えたことになります。



<ワーファリンのリンク集>

【ワーファリンの位置付け】
【抗血栓療法の種類】アスピリン、ワーファリン他
【抗血栓療法、抗凝固療法、抗血小板療法】意味が違う
【ワーファリンとワルファリン】商品名と薬品名
【血液をさらさらにするお薬】研修医は大丈夫?

【ワーファリンの歴史と雑学】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の歴史】牛の奇病
【ワーファリン命名の歴史】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の雑学】殺鼠薬

【ワーファリンの内服法】
【ワーファリンの内服時間】
【ワーファリン】内服(のみ)忘れ

【ワーファリンと食事の注意】
【納豆の豆知識】入院中の食事メニューとワーファリン
【納豆の是非?】ワーファリン、アスピリン、血栓

【ワーファリンの副作用】
【ワーファリン】催奇形性(副作用)

【ワーファリンの将来】
【ワーファリン】望まれる次世代のワーファリン

【心房細動とワーファリン】
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンそれともアスピリン?
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンです!

【ワーファリンとプラビックス】
【プラビックスとワーファリンの違い】

【PT-INR】
【PT-INRのリンク集】





ひとまず、トップページへ。

m(v_v)m
その後、
人気blogランキングへ← ワンクリックしていただけるととても嬉しいです。

【血液をさらさらにするお薬】アスピリンvs. ワーファリン

アスピリンと、ワーファリンの使い分けはとても重要です。

この使い分けを間違えますと、患者様は出血の副作用ばかりでて、効果は出ないというとんでもないことになってしまいます。

今までの記事を読んでいただいた皆様におかれましては、以下の問題は、楽勝で全問正解だと思います。あなたも医者になりましょう。


Q1:心筋梗塞の予防には、アスピリンでしょうか、ワーファリンでしょか?
A1:アスピリンです。なお、狭心症の患者さまで、ステントを留置された場合も、アスピリンを含む抗血小板療法で、再閉塞を防ぎます。


Q2:末梢動脈血栓症の予防には、アスピリンでしょうか、ワーファリンでしょか?
A2:アスピリンです。


Q3:脳梗塞の予防には、アスピリンでしょうか、ワーファリンでしょか?
A3:アスピリンです。ただし、心房細動の場合は話は違います。
さらに、脳梗塞の種類によっては、アスピリンではない一部の抗血小板薬のみが有効であるという報告もあります。


Q4:深部静脈血栓症の予防には、アスピリンでしょうか、ワーファリンでしょか?
A4:ワーファリンです。

Q5:肺塞栓の予防には、アスピリンでしょうか、ワーファリンでしょか?
A5:ワーファリンです。

Q6:心房細動→脳塞栓の予防には、アスピリンでしょうか、ワーファリンでしょか?
A6:ワーファリンです。



<ワーファリンのリンク集>

【ワーファリンの位置付け】
【抗血栓療法の種類】アスピリン、ワーファリン他
【抗血栓療法、抗凝固療法、抗血小板療法】意味が違う
【ワーファリンとワルファリン】商品名と薬品名
【血液をさらさらにするお薬】研修医は大丈夫?

【ワーファリンの歴史と雑学】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の歴史】牛の奇病
【ワーファリン命名の歴史】
【ワーファリン(血液さらさら薬)の雑学】殺鼠薬

【ワーファリンの内服法】
【ワーファリンの内服時間】
【ワーファリン】内服(のみ)忘れ

【ワーファリンと食事の注意】
【納豆の豆知識】入院中の食事メニューとワーファリン
【納豆の是非?】ワーファリン、アスピリン、血栓

【ワーファリンの副作用】
【ワーファリン】催奇形性(副作用)

【ワーファリンの将来】
【ワーファリン】望まれる次世代のワーファリン

【心房細動とワーファリン】
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンそれともアスピリン?
【心房細動と脳塞栓】ワーファリンです!

【ワーファリンとプラビックス】
【プラビックスとワーファリンの違い】

【PT-INR】
【PT-INRのリンク集】




ひとまず、トップページへ。

m(v_v)m
人気blogランキングへ← ワンクリックしていただけるととても嬉しいです。

search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会