<< 【DIC(播種性血管内凝固)】笑い話2 | main | 【播種性血管内凝固(DIC)】出血する訳は? >>

【DIC(播種性血管内凝固)】急性前骨髄球性白血病とアンディフグ

播種性血管内凝固症候群(DIC)は、「究極の血栓症」と言うことができます。

初めて、このブログに入っていただいた方は、記事を下にスクロールしていただきますと、インデックスがありますので(あるいは、右に「播種性血管内凝固症候群」のカテゴリーがありますので)、そちらもご覧いただければと思います。



DICは進行しますと、出血症状や臓器症状が出現するようになりますが、
出血症状が出やすいDICは臓器症状が出にくく、
臓器症状が出やすいDICは出血症状が出にくい
という特徴があります。


急性白血病はしばしばDICを合併しますが、この場合は、出血症状が出やすいのが特徴です(臓器障害は出にくいです)。出血もいろいろな種類がありますが、脳出血や肺出血は致命症になりますし、消化管出血も厳しい病状になります。

この急性白血病の中でも、最重症のDICを合併するすることで知られているのが、急性前骨髄球性白血病(APLと略します)です。

急性前骨髄球性白血病は、格闘家アンディフグが罹患した疾患としても知られています。急性前骨髄球性白血病は、高率にDICを合併し(ほぼ必発と言えます)、すさまじい出血をきたします。


私が、20年以上前に医師になった時、急性前骨髄球性白血病(重症のDICを合併)の患者様を担当させていただいたところ、翌日に脳出血や肺出血で他界されたという悲しい経験もあります。
確かに、私が学生時代に勉強した医学教科書には、急性前骨髄球性白血病は重症のDICを合併すると明記されていました。


昔は、急性前骨髄球性白血病に合併したDICに対しては、ヘパリンというお薬を使用していました。それにもかかわらず、DICが原因で脳出血を発症しますと、ヘパリンの使う量が少なかったのではないかと考えられた過去があります。

しかし、現在の医学で考えますと、急性前骨髄球性白血病に合併したDICに対してヘパリンのみを大量に使用するというのは、間違いと考えられます。むしろ、ヘパリンを大量に使用していたために脳出血を起こしていたこともあったかもしれません。

現在は、急性前骨髄球性白血病に対しては、ビタミンA誘導体(ATRA)による治療を行います。このビタミンA誘導体(ATRA)は素晴らしいお薬で、急性前骨髄球性白血病に対しての有効ですが、合併しているDICに対しても特効します。

私の個人的経験でも、全身が血だらけで入院された患者さまでも、寝る前にビタミンA誘導体(ATRA)2錠を内服していただきますと、翌朝には全身から血が引いているくらいう特効することがあります。

なぜ、急性前骨髄球性白血病に合併したDICに対して、ビタミンA誘導体(ATRA)が有効であるのかの理由につきましては、将来書かせていただくことになると思います。

現在は、急性前骨髄球性白血病に合併したDICは、最も治療しやすいDICになりました(ただし例外があります。急性前骨髄球性白血病の診断が著しく遅れて、白血病細胞が著しく上昇してしまった場合です)。



急性前骨髄球性白血病やDICに限らないのですが、あの時今の治療ができたら、あの患者様を失うことはなかったのに。。。。と、思うことが多々あります。

言い方をかえれば、現在の医学で治せない患者さま(そういう患者さまは少なくなってきたとは思いますが)も、10~20年後の医学で治すことができるようになるのでしょう。

20年後の医学を見てみたいです。
さらに言えば、100年後、1000年後の医学を見てみたいです。

いったいどういうことになっているのか、想像もできません。




<播種性血管内凝固症候群(DIC)のリンク集>

【DICの専門医学記事】(大学病院ブログをリンクしました)
播種性血管内凝固症候群(DIC):全記事が図解です。
DIC(病態・診断・治療):詳解記事です。

【DICとは】
イントロです。
DICって何の略
研修医・医学部学生対応
DICの研修
DICを制する者は・・・
DICの基礎疾患

【症状・病態】
DICの症状
出血症状の理由
臓器症状の理由
出血症状vs.臓器症状
図解:敗血症に合併したDICの発症機序

【診断・検査】
診断基準の種類
急性期DIC診断基準の長所と短所
厚生労働省(旧厚生省)DIC診断基準の長所と短所
TATの威力
FDP・Dダイマーとは?

【治療】
DICの治療(基礎疾患別)
リコモジュリン(トロンボモジュリン製剤)  NEW!
血管内皮とトロンボモジュリン  NEW!
トロンボモジュリンの構造 NEW!
リコモジュリンによるDIC治療の成績 NEW!
リコモジュリンの今後の展開 NEW!
アンチトロンビン
トロンボモジュリン(最新兵器)
線溶活性化が強いDICに対する治療(フサン)
前立腺癌のDIC
APLのDIC
APLに対するATRAというDIC治療薬?
ウロキナーゼ?
トランサミンの是非

【実際の患者様の例】
ピタリと血が止まった!



健康病気症状相談コーナーの入り口へ

人気blogランキングへ(病気症状の分野) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。

血栓止血の臨床ー研修医のためにー

スポンサーサイト

  • 2017.04.20 Thursday
  • -
  • 20:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会