<< 【タール便と鼻血】黒色便:S | main | 睡眠前のルイちゃん >>

【FDP、Dダイマーとは】図示


以前から、文章のみの説明に限界を感じていました。
スライド形式のものをアップしてみます。
どうも画像が微妙にゆがんでしまうようですが、お許しください。


さて、この図で、FDP&Dダイマーの説明を試みます。

この記事は、医療関係者を想定していますが、一般の方にご覧いただいても分かっていただけるように書かせていただいたつもりです。

FDP&Dダイマーは、今までの記事でも書かせていただいたように、静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症、肺塞栓)や播種性血管内凝固症候群(DIC)の診断に不可欠な、とても重要なマーカーです。

過剰な凝固活性化を生じますと、血栓が形成されます。凝固活性化のカスケードはマルチステップで大変複雑なのですが、図では思い切って点線で簡略化しています。TF(組織因子)は、VIIa(活性型第VII因子)と複合体を形成するところから凝固活性化が開始されます。

このようにして形成された血栓を溶かそうという働きが「線溶」です。

血管の内側をおおっている血管内皮細胞(図ではピンクになっています)から、t-PA(組織プラスミノゲンアクチベータ)が産生されますと、プラスミノゲンがプラスミンに転換されます。このプラスミンが血栓を溶解した時に発生する分解産物が、FDPあるいはDダイマーと言われる成分です。

ですから、血液検査でFDPやDダイマーが上昇していると言うのは、血栓が形成されてなおかつその血栓が溶けたということを意味します。
どういう時に、FDPやDダイマーが上昇するかですが、静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症、肺塞栓)や播種性血管内凝固症候群(DIC)が代表的疾患です。

なお、t-PAの働きを抑制する物質が、血管内皮から産生されるPAI(プラスミノゲンアクチベータインヒビター)です。

以前に、早朝にはPAIが上昇して血栓が溶けにくくなるために、血栓症(脳梗塞、心筋梗塞など)を発症しやすいと書かせていただいたことがあります。


以上が図を使っての説明ですが、如何だったでしょうか。
今後、さらにわかりやすくなるように努力していきますので、どうか暖かく見守っていただければと思います。



<播種性血管内凝固症候群(DIC)のリンク集>

【DICとは】
イントロです。
DICって何の略
研修医・医学部学生対応
DICの研修
DICを制する者は・・・
DICの基礎疾患

【症状・病態】
DICの症状
出血症状の理由
臓器症状の理由
出血症状vs.臓器症状
図解:敗血症に合併したDICの発症機序

【診断・検査】
診断基準の種類
急性期DIC診断基準の長所と短所
厚生労働省(旧厚生省)DIC診断基準の長所と短所
TATの威力

【治療】
DICの治療(基礎疾患別)
アンチトロンビン
トロンボモジュリン(最新兵器)
線溶活性化が強いDICに対する治療(フサン)
前立腺癌のDIC
APLのDIC
APLに対するATRAというDIC治療薬?
ウロキナーゼ?
トランサミンの是非

【実際の患者様の例】
ピタリと血が止まった!




健康・病気・症状相談コーナーの1ページへ

人気blogランキングへ(病気・症状ジャンル)

スポンサーサイト

  • 2017.06.11 Sunday
  • -
  • 21:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お忙しい中リンク先の調整ありがとうございます,大変勉強になりました^^ おかげ様で今まで以上に血液疾患に興味が湧いてきました.
  • 研修医
  • 2009/08/19 10:07 AM
初めまして。
先日母がDダイマーの検査を受けて6.0μg/mlという結果が出ました。
数か月前から
血腫がひざにできて歩きにくくなり
むくみがひどくなったことから検査をしました。
そのため血腫をとる手術ができなくなり
どうしたらよいのかと
途方に暮れています。

CMLのため グリベッグを服用中で
バファリンは飲めないと聞いたこともあり
どのような治療になるのか
治るのか気になっております。

こんなコメントを書き込んでしまい申し訳ございません。
お知恵を拝借できたらうれしいです。
  • みっちゃん
  • 2012/07/05 8:38 AM
みっちゃんさん、この度はご訪問ありがとうございます。

Dダイマー6.0μg/mlは軽度上昇です。
Dダイマー上昇の原因はどのように聞いておられるでしょうか。
深部静脈血栓症(DVT)や播種性血管内凝固症候群(DIC)などで、Dダイマーが上昇することがあります。

「血腫がひざにできて」
漆関節内に出血があったのでしょうか。
この原因はどのように聞いておられるでしょうか。

「むくみがひどくなった」
むくみの原因はどのように聞いておられるでしょうか。

「むくみがひどくなったことから検査をしました」
むくみの原因として深部静脈血栓症も疑われたために、Dダイマーを調べたのでしょうか。

深部静脈血栓症と、血腫では、まるで正反対の病気になりますが、どちらでしょうか。

「そのため血腫をとる手術ができなくなり」
すいませんが、どのような手術か想像できません。

「バファリンは飲めない」
関節内血腫に対してバファリンを使用しますと、バファリンの出血の副作用のために、血腫が悪化する懸念があります。
バファリンは血栓症(血腫とは正反対の病気です)に対して用いる場合がありますが、深部静脈血栓症には無効です。
「バファリンは飲めない」の意味が良く分かりませんでした。

ひょっとして、「血腫」と「血栓」が区別されていないでしょうか。
血腫は血管外に出血したあとにできる血液の貯留です。
皮下血腫、関節内血腫、筋肉内血腫などがあります。

血栓は血管内にできる血の固まりです。
深部静脈血栓症、肺塞栓などがあります。

血腫と血栓は正反対の病気です。
お母様の場合はどちらでしょうか。

上記の事情が明確になりますと、もっと踏み込んでコメントさせていただけるかも知れません。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2012/07/05 10:13 AM
懇切丁寧に ご返答くださり ありがとうございます。
恐縮です。

先ほど血液内科の診察を受けてまいりました。

「漆関節内に出血および原因について」
脂肪腫もしくは滑液包炎と診断を受けていたのですが
赤黒く腫れ強く痛んできたため生検をし、血腫であると
昨日わかりました。
Dダイマーの検査は たまたま 近所のかかりつけのDrが 
「むくみの原因として深部静脈血栓症も疑われたため」
してくださいました。
(原因は歩行困難になった為の血行障害だろうといわれました。)

「むくみの原因について」
こちらも 歩けなくなったことからといわれました。
もともと既往症からむくみやすくはなっていたのですが
血腫がある右足だけ 2cm以上むくんでいて
とても気になっていました。

「深部静脈血栓症と、血腫では、正反対の病」
8cmある血腫を切除をするはずでしたが
「Dダイマー6.0μg/ml だと 必ずどこかに血栓があるはず。
手術後 肺にとんだら大変だから血栓の治療をしてからきてください」
と言われ 紹介元病院に帰ることになりました。

「バファリンは飲めない」
慢性骨髄性白血病の持病で服用中の「グリベッグ」と「バファリン」の
飲み合わせが悪いように言われていました。
本日 血液内科で ワーファリンを頂き 今晩から飲むことになりました。

「バファリンの出血の副作用のために、血腫が悪化する懸念がある」
ワーファリンはいかがでしょうか。
こちらも血液をサラサラにするのでしたら悪化してしまいますよね・・
今日の検査で Dダイマー6.2μg/mlと少し上がっていたからか
来週、深部静脈血栓の検査(血液検査、造影CT、下肢エコー)
を受けることになりました。
調べていますと長期治療になるため
心配しております・・・

長々まとまらない文章で 申し訳ございません。。。
  • みっちゃん
  • 2012/07/05 1:41 PM
みっちゃんさん、コメントありがとうございます。

やはり、膝関節内に血腫があったのですか。
今回、初めての経験でしょうか。
膝関節内に血腫ができる病気としては、血友病が有名ですが、血友病は男性の病気ですからお母様の場合はあてはまりません(加えて、血友病は先天性の病気ですから大人になって初めて関節内出血というのもあてはまりません)。
なぜ、膝関節内に血腫ができたのか、原因は聞いておられるでしょうか。

PT、APTTの言う血液凝固検査は正常だったでしょうか。

「Dダイマーの検査は たまたま 近所のかかりつけのDrがして」
膝関節内血腫は、8cmであればかなり大きいですね。その場合には関節内血腫の中に含まれたDダイマーが血中に流入した可能性もあります。
つまり、膝関節内血腫も巨大であればDダイマー上昇の原因になりえます。

「血腫がある右足だけ2cm以上むくんでいてとても気になっていました」
むくみの範囲は膝周囲のみでしょうか、それとも足先端まで及んでいるでしょうか。
膝周囲のみの場合は、膝関節内血腫の炎症反応の波及のせいかも知れません。
足先端まで及んでいる場合には、深部静脈血栓症を疑いたくなります。

「Dダイマー6.0μg/ml だと 必ずどこかに血栓があるはず」
膝関節内血腫のためである可能性もあると思います。

「ワーファリンはいかがでしょうか。こちらも血液をサラサラにするのでしたら悪化してしまいますよね・・」
その通りです。

深部静脈血栓の検査(造影CT、下肢エコー)の結果が出ていない状況なのですね。つまり、深部静脈血栓症の診断はまだついていないのですね。
深部静脈血栓症の診断がついていない状態でワーファリンを内服するのは、違和感があります。
主治医が、深部静脈血栓症と診断した根拠は何でしょうか?
Dダイマーのみでは診断根拠として弱いと思います。
下肢の身体所見が、深部静脈血栓症に典型的だったのでしょうか。
もしそうであっても、せめて下肢静脈エコーを今日中にして確認しておきたかったところです。
深部静脈血栓症がないのにワーファリンを内服して、膝関節内血腫が悪化しても困りますので。。。

ただし、私は直接拝見していませんので、私が把握していない特殊事情があるのかも知れません。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。

追伸:明日は出張になりますので、もし新たなコメントをいただいた場合でも、お返事は土曜日以降になってしまうことをご容赦いただけますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2012/07/05 4:57 PM
再度お返事を頂き、ありがとうございます。
とてもわかりやすく 理解しながら拝読させていただきました。
血腫は 初めての経験で 
場所は 改めて確認を致しますと 「表面上」のことのようです。
すみません。
最初は滑液包炎 だったので 関節内と思っていたのですが
恥ずかしながら いまだに理解できておらず 失礼いたしました。

【血液凝固検査について】
PT秒 11.9 PT%が 104.4  APTT26.2で 
血液凝固については それほど問題がないといわれました。

【下肢の身体所見が、深部静脈血栓症に典型的だった】
「ただのむくみだし、ダイマー数値6.0ならそんなにひどくない、手術もなぜできないのかわからない」
とおっしゃっていました。 
浮腫みは 膝上(内太腿)、膝下(血腫を避けて計測)が夜になると 左右差 約2cmありました。
足首は計測していなかったのですが あきらかに 浮腫んでいました。

【Dダイマーの検査を行っていただくことになった一番の症状】
ふくらはぎが 水を入れた風船のように パンパンになり、
たたくと別のところに びーんと響いたことからです。
「血腫が大きいので そこから 血中に入ったのでは?」と
今朝血液内科の先生にお尋ねしてみました。
それもあるから なぜ手術が断られたのかが 分からないと再度おっしゃっていました。

【ワーファリンも血腫を悪化させる可能性がある】
夕方2錠服用するように言われましたが お話を伺い、まだ服用しておりません。 迷っております。
もともと 出血しやすい体質で その上骨髄性白血病(寛解)だからか
いつも 目の毛細血管が 切れて充血しています。血腫が 大きくなることもあるのですね。
本日診ていただいた先生は 深部静脈血栓症と 診断なさっていないと思います・・・
エコーは 検査室予約で埋まっていたため 本日できず、来週火曜になってしまいました。

明日はご出張でいらっしゃるのですね。
お忙しい中にこうして お返事を一つ一つ返してくださったことに
心から感謝いたします。
どうぞ お気をつけていってらっしゃいませ。
  • みっちゃん
  • 2012/07/05 8:49 PM
みっちゃんさん、コメントありがとうございます。

一時的ではあるもののインターネットがつながる環境になりましたので、この時間を利用して回答させていただきます。
膝の近くに巨大な皮下血腫ができたということでしょうか。
この原因は何でしょうか。原因がないとできないと思うのですが。。。。

深部静脈血栓症もDダイマー上昇の原因になりますが、巨大な皮下血腫もDダイマー上昇の原因になります。
やはり、下肢静脈エコー、造影CTなどで、深部静脈血栓症の有無を明らかにしておきたいです。
造影CTでは、むしろ巨大な皮下血腫がどういう状況なのか評価したいところです。

「PT秒 11.9 PT%が 104.4  APTT26.2」
はい、正常です。
ただし、Dダイマーが高値であるならば、本来は、TAT、PICも見ておきたいところです。

「手術もなぜできないのかわからない」
Dダイマー上昇の原因が何なのかによると思います。
皮下血腫のみが原因なら手術可能と思います。
ただ、やはり気になるのが、どうして皮下血腫ができたかです。
あるいは本当に皮下血腫でしょうか。違う病気である可能性はないでしょうか(慢性骨髄性白血病と関連していないでしょうか)。このあたりは、拝見していませんので、想像できないというのが正直なところです。

繰り返しになりますが、Dダイマー上昇の原因をはっきりさせること、血栓があるのかないのかはっきりさせることが最も重要だと思います。
これがわからない場合には、ワーファリンを内服する方が良いのか、内服しない方が良いのか何とも言えないところです。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2012/07/06 7:23 PM
お忙しい中ご回答ありがとうございます。
ご出張のため 不可能だと思っておりましたのに恐縮です。
こちらの返信が遅くなってしまい申し訳ございません。

【膝の近くに巨大な皮下血腫ができたということ?この原因は?】
どこかで転んだりぶつけたりしていませんか?と聞かれたのですが
一年前に転んだり 何年も前に痛めたりしたくらいで
最近では思い当るところがないのです。。

【巨大な皮下血腫の状態】
MRIと生検から 悪性でもなく普通の血腫と診断されているので
なぜこんな複雑なことになるのだろうと 紹介元のDrに言われました。

【Dダイマーが高値であるならば、本来は、TAT、PICも見ておきたいところ】
TATとアンチトロンビン3が 来週にわかります PICは不明です

【慢性骨髄性白血病と関連していないでしょうか】
実は家族一同 ここを一番気にしていたのですが 
マルク検査で大丈夫であるという結果でした。

【Dダイマー上昇の原因をはっきりさせること、血栓があるのかないのかはっきりさせること】
そうですね。来週の検査でこちらを はっきり聞いてきます。

お話を聞いていただき ご回答までくださり とても支えられました。
本当に ありがとうございました。
  • みっちゃん
  • 2012/07/08 11:12 PM
コメントする









search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会