<< 血栓症の臨床(図解)2:出血と血栓:血液凝固と病気 | main | 血栓症の臨床(図解)4:出血と血栓:血管内皮 >>

血栓症の臨床(図解)3:出血と血栓:血小板と凝固因子

血栓症の臨床(図解)シリーズ
・出血と血栓:12


一つ前の記事で、止血というありがたい機序も、血栓というありがたくない機序も、同じ役者が登場すると書かせていただきました。

ということは、止血も血栓も同じ図で説明できるということになります。
血管が破綻しますと、まず血小板が粘着します。次に、血小板が仲間を呼んできます。これを血小板の凝集と言います。

血小板が粘着する時に必要な言わば糊と言って良い成分を、von Willebrand因子(vWF)を言います。そして、血小板が凝集する時の糊をフィブリノゲン(Fbg)と言っています。これらの糊が欠乏しますと、出血しやすくなります。

たとえば、von Willebrand病は、von Willebrand因子が少なくなる病気ですが、鼻血などの出血を起こしやすくなります。逆に、von Willebrand因子が多すぎますと血栓症の原因になることがあります。同じことが、フィブリノゲンにも言えます。フィブリノゲンが少ないと出血しやすくなりますが、多すぎると血栓症の原因になることがあります。何事も、ほどほどが良いということになります。

血小板を反応の場としまして、多くの凝固因子(ローマ数字)が集まってきます。そして最終的にトロンビンができますと、トロンビンがフィビリノゲンをフィブリンに転換して凝固が完結します。このようにして、血が止まります。しかし、この同じ機序で血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓など)も発症してしまいます。



(続く)



健康病気症状相談コーナーのトップページへ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。


スポンサーサイト

  • 2017.09.26 Tuesday
  • -
  • 19:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会