<< 血栓症の臨床(図解)67:深部静脈血栓症&肺塞栓、予防ガイドライン | main | 血栓症の臨床(図解)69:深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルターの有用性? >>

血栓症の臨床(図解)68:深部静脈血栓症&肺塞栓、下大静脈フィルター

血栓症の臨床(図解)シリーズ
・血栓症の基礎:1234567891011121314
・抗血栓療法:15161718192021222324252627
・アスピリン vs. ワーファリン:
28293031323334353637383940
414243444546
・深部静脈血栓症/肺塞栓(DVT/PE):
4748495051525354555657585960
6162636465666768



下大静脈フィルターについても触れておきたいと思います。
下大静脈フィルターには、永久的(permanentタイプ)と、非永久的(temporaryタイプ)があります。

理屈は、下肢に深部静脈血栓症(DVT)があっても(そしてその血栓の一部が血流にのって肺に至ろうとしても)、下大静脈にフィルターを留置しておけば、肺塞栓(PE)まで至らないだろうという考え方です。確かに、理屈だけ聞けばよさそうに感じます。

しかし、上図を見ての通り、フィルターとは言っても隙間だらけのフィルターです。本当に巨大な血栓が飛んで来た時だけ、引っ掛けよう、というよりもむしろフィルターにぶつかって巨大な血栓が少しでも砕けるのを期待しようということになります。

フィルターに対する思いは、臨床家の間でもかなりの温度差があるように感じています。
フィルターを支持する臨床家は、上図の右の取り出されたフィルターを見て、しっかり血栓が「補足された」と表現します。
一方、フィルターをあまり支持しない臨床家は、フィルター(異物)を入れたから、フィルター部位で血栓が「形成されてしまった」と表現します。

上図では、どちらの立場も尊重するため、フィルター部位には血栓が「存在していた」と書かせていただいています。

出血性素因があり抗凝固療法を行えない時など、フィルターが必要な時は必ずありますが、そのようなケースは極めて例外的であろうと管理人は考えています。
少なくとも、何でもかんでもフィルターを入れるというのは間違った考え方でしょう。

(続く)


健康病気症状相談コーナーのトップページへ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。

JUGEMテーマ:健康



スポンサーサイト

  • 2017.11.11 Saturday
  • -
  • 19:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんばんわ。夜分に失礼します。
nameの通り看護師をしております。しかしまだ新米です。よろしくお願いします。
質問させて下さい。
今、DVTで抗凝固療法(ヘパリン投与、WF内服)と一時的に内頸にIVCフィルターを挿入中の患者さんがいます。
DVTの病態や治療に関しての情報は参考書等で多く扱われているのですが、IVCフィルターに関してはあまり情報がなく困惑しており、netで検索していたところ、こちらに到達いたしました。
IVC挿入中の看護として、まずDVTの症状の観察と、起こしたくない合併症肺塞栓の症状出現がないかを注意して観察したいと思っています。また、IVCフィルター挿入による挿入部からの感染がないかを、挿入部の観察・発熱の有無・血液DATAから見たく思います。また抜去の事故がないよう、確実な固定を注意しようと思っています。
その他にどんな事に注意したら良いか?看護師にどんな事を見てほしいという事がありますか?

このような質問ですが、教えて頂けると嬉しく思います。
深夜に先輩から明日の受け持ちにつけていると聞かされこのような時間にお邪魔しました。よろしくお願いします。
  • 新米看護師
  • 2010/06/06 1:25 AM
新米看護師さん、この度はご訪問ありがとうございます。

注意すべき点について充分にかかれていると思いますので、あまり追加することはありません。

強いていえば、血液凝固検査のチェック(PT-INR、APTT、FDP、Dダイマーなど)でしょうか。しかし、これは主治医が注意していると思います。

しっかり勉強をしようとされている姿が察せられ、とても嬉しく感じました。ますますの、御研鑽をお祈りしています。
  • あーちゃん
  • 2010/06/06 6:53 AM
朝早くからのご回答ありがとうございます。ちょうど病棟に入る前に間に合いました!
安心して業務に就けそうです〃
循環器(内科・外科混合)に配属になり早1年目・・2年目になりました。まだまだ分からない事が沢山の毎日です・・仕事は楽しいですが*こちらのblogにお邪魔して、昨夜は当初目当てのDVTやIVCフィルター以外の項目も興味深く読ませて頂きました*またお邪魔して、質問などさせていただく事あるかもしれません。ありがとうございました*

  • 新米看護師
  • 2010/06/06 7:23 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/01/27 2:35 PM
この記事でご質問をいただいたのですが、固有名詞が出ていましたので、ご質問を紹介させていただくかたちで、コメントさせていただきます。


(以下が、ご質問内容です)
ーーーーーーーーーーーーー
初めまして。私は深部静脈血栓症で昨年の12月に某救急病院で、カテーテルで下大静脈にフィルター留置をしまして、永久留置ということで、ワーファリンの服用もしておりましてすが、色々と不安がありまして、インターネットを検索しておりましたところ、ここに辿り着きました。

 私の場合は、日常的にパソコンに向かっている時間が長くて、そのために左足が腫れ上がってしまい、病院で検査をしたら深部静脈血栓症と診断されまして、直ぐに救急病院に搬送されまして、カテーテルで緊急手術が必要となりました。

 あまりにも血栓が酷い状態にあったため、急性期の肺塞栓症になる可能性が高いということで、IVCフィルターの留置になりました。しかし、退院までにはフィルターを除去すると言っていたのですが、まだ左足の太い静脈が詰ったままだと言われまして、フィルターの永久留置となってしまいました。

 ここのページで先生方のお考えを拝見させて頂きましたら、IVCフィルターを何でもかんでも入れてしまうというのはデメリットが大きすぎるということが分かりまして、今後はどうすれば良いのかアドバイスがあったらお願い致します。

 ちなみに、現在はワーファリンの服用と弾性ストッキングというので、太腿までくるのを着用しています。
ーーーーーーーーーーーーー
(以上が、ご質問内容です)

必要があってフィルターが永久留置となったということですので、このままフィルター留置をしていても問題ないように、充分な抗凝固療法(ワーファリン)が必要です。

もっとも、フィルターが留置してあってもしてなくても、充分な抗凝固療法が必要であることには変わりはありません。

なお、永久留置となったフィルターを除去することはありませんので、いずれにしましても今の治療法を継続することになります。

ご指摘いただきましたように、IVCフィルターを何でもかんでも入れてしまうのは慎重になった方が良いのですが、一旦、永久留置の方針が決定しましたら、その治療方針を継続することになります。

フィルターに対する考え方は、専門家の間でも意見が分かれると思います。主治医にとってもし自分が同じ病状になった場合、フィルターを入れて欲しいと思うかどうかが、その主治医の本音ではないかと思います。

以上、分かる範囲内で書かせていただきました。
  • あーちゃん
  • 2011/01/30 7:59 PM
はじめまして。
先日母が肺塞栓で入院し、ちょっと疑問に思うことがあり相談に乗って頂けるところがないかとこちらにたどり着いた次第です。

上記に記した通り母が肺塞栓症と診断され、肺とふくらはぎより下に血栓があるのでフィルター留置の措置と言うことで下大静脈フィルターを取り付けました。
その際の説明は一時的にと言う話でした。
術後すぐ母が腰痛を訴え、血管に神経は無いので気のせいと言う説明。

その1週間後検査をしたところフィルターが腎静脈に斜めに引っかかっている事が判明。
先生の説明では現在は取り出すが今までも入れっぱなしの患者ばかりだったし、大丈夫との事。

説明が不安で色々調べたところ一時的フィルターと永久的フィルターの2種類あるようで・・・。

不安にさせたくないので母の前での質問は控えてしまったのですが、この説明を受けた翌日母は本退院となりました。
フィルターをそのままにして大丈夫なのでしょうか。

また、お正月で一時退院した時は飲み薬のワーファリン3咾鮟菠されましたが、薬の説明が無く、納豆を食べていましたし・・・
本当に大丈夫なのかとても不安です。

動揺している為文が乱れ読みにくいかと思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
  • なるー
  • 2012/01/06 10:37 AM
なるーさん、この度はご訪問ありがとうございます。

確認もさせていただきながら、分かる範囲内で書かせていただきます。
1) お母様は、何歳代でしょうか。その他の病気を指摘されたことはないでしょうか。
2) 深部静脈血栓症と肺塞栓の原因は判明したでしょうか。あるいは、不明だったでしょうか。原因を究明できるときと、できない場合がありますので。原因によって治療が変わることがありえます。
3) 「術後すぐ母が腰痛を訴え」につきましては、実際に拝診していませんので、よく分からないというのが正直なところです。「フィルターが腎静脈に斜めに引っかかっている事」と関連があった可能性は0%ではないと思います。しかし、腰痛があったらすぐフィルターが移動したと考えるかと言いますと、これは必ずしもそうとは言えませんので、微妙です。
4) 「腎静脈に斜めに引っかかっている」状態ではあるものの、そのまま放置という方針になったのでしょうか。もしその通りだとしますと、違和感があります。大丈夫かも知れませんが、長い人生のなかで何らかの問題を生じる可能性も0%ではないと思います。たとえば、腎静脈とフィルターの位置関係によっては、血流障害ができやすくなってその部位で血栓ができやすくなるかも知れません。ただし、私は腎静脈とフィルターの位置関係を拝見していませんので、よく分からないというのが正直なところです。
5) 主治医は内科でしょうか、血管外科でしょうか。あるいは複数の科で診療を受けられましたでしょうか。
6) ワーファリン内服中は、もちろん納豆は食べてはいけません。ワーファリンの効果が消えてしまいますので。
7) 現在のワーファリンのコントロールはどの程度でしょうか。PT-INR(血液検査)はどの位になっていますか。
8) また、Dダイマー(血液検査)などは、正常になっていますでしょうか。

もし納得いく説明をいただけない場合には、深部静脈血栓症や肺塞栓のスペシャリストのいる総合病院、大学病院などでセカンドオピニオンを受けるのも一法と思います。ただし、原則として紹介状が必要ですので、現在の主治医との関係も良好であると良いと思います。
以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。

  • あーちゃん
  • 2012/01/07 2:21 PM
初めまして、フィルターの件を含めいくつかご相談したい事がございます。
1ヶ月半前に右足が急に腫れ、歩くと痛み近くの病院で診て頂いたところ、深部静脈血栓症、肺動脈血栓塞栓症
と診断されました。別の病院に搬送されまして、即日入院を致しました。
肺血栓は米粒の半分ほどの大きさで数日で消失しました。当然のごとく、フィルターを留置することを再三、勧められ、最悪死に至ることもおききしましたが、体内に異物が入る事の恐れを感じて、拒否してしまいました。今だ挿入しておりません。
下大静脈から末梢の血栓は残存していますが、足の浮腫も治まり半月ほどで退院いたしました。また近くの病院で(週一回、大学病院から循環器科の医師が来られます)経過視察ということで通院する事になりました。
入院中はワーファリン5錠と貧血気味なので鉄剤、退院後は全く何の検査もしていないのですがワーファリン5錠半と鉄剤を服用しています。
今週、血液検査のみをする事になっていますが、CTスキャンで診なくても血液検査だけで状況は分かるのでしょうか?

日々、最小限の家事をこなしておりますが、動いた後や入浴後は右足が少し腫れますが、動かない訳には行きませんし、動き過ぎると血栓が飛んでしまう不安もあり、どのように生活したら良いのか思案しています。

そしてこのままフィルターを入れなくても大丈夫なものかと検索しておりましたら、このサイトに出会いまして、ホット致しました。

どうぞアドバイスを宜しくお願い致します。
  • らっこ
  • 2012/07/03 7:12 PM
らっこさん、この度はご訪問ありがとうございます。

「下大静脈から末梢の血栓は残存していますが」
画像を拝見していませんので、深部静脈血栓症が最初はどのくらいであったのか、どの程度改善したのか、分からないところです。このあたりが、ブログコメント欄でやりとりすることの限界と感じています。
残存はしているものの、血栓症の大きさは縮小(何割くらい?)しているということでよろしいでしょうか。
もう少し経過すると、完全に消失する可能性がありそうでしょうか。
それとも、このまま残存しそうでしょうか。

「今週、血液検査のみをする事になっていますが、CTスキャンで診なくても血液検査だけで状況は分かるのでしょうか?」
血液検査ですが、「PT-INR」でワーファリンのコントロール状況が分かります。また、同じく血液検査「Dダイマー」で血栓の病勢が分かります。
深部静脈血栓症の血栓の大きさは、下肢静脈エコーで評価するのが最も良いです。下肢静脈エコーができない病院であれば、造影CTで評価せざるをえないと思います。

「動き過ぎると血栓が飛んでしまう不安もあり、どのように生活したら良いのか思案しています」
今の血栓の状態によって、変わってきます。
なお、弾性ストッキングは装着されていますでしょうか。

「このままフィルターを入れなくても大丈夫なものか」
今の血栓の状況によって回答内容は変わってくると思います。
1)血栓が太ももの静脈にはなく(血栓はふくらはぎにのみ)、血栓が残存しているものの肺に飛ぶ懸念が小さい場合には、ワーファリンのみで治療継続したいところです。
2)逆に、太ももに血栓が大量に残っていて、肺に飛ぶ懸念が高い場合は、状況によってはフィルターをいれざるをえないこともあるかも知れません。
しかし、できれば1)であって欲しいところです。

以上、分かる範囲内で書かせていただきました。
  • あーちゃん
  • 2012/07/03 9:06 PM
ご回答を有り難うございました。
私の説明不足で申し訳ございませんでした。

血栓はどの程度か分かりませんが、当初より縮小したとの事ですが、右の腸の下あたりから太ももに掛けて残存していました。(一ヶ月前の退院時です。)

退院してから1ヶ月、今週初めての血液検査がありますが、結果は来週に分かるそうです。
現時点では、血栓が消失するのか残存しそうなのかは未だ分かりません。
ご質問の弾性ストッキングですが一度も使用しておりません。
私の場合は装着した方が宜しいのでしょうか?

フィルターの件ですが、先生のご回答によりますと、私の場合、2に該当しますので、血液検査の結果とエコーにて確認し、血栓が以前のように残存しているようでしたら、フィルターを挿入する事を前向きに考えようと思っております。
永久と一時留置があるとの事ですが、やはりその状況によって判断されるのでしょうか?

先生のアドバイスを宜しくお願いいたします。
  • らっこ
  • 2012/07/04 5:27 PM
らっこさん、コメントありがとうございます。

血栓は縮小はしたものの、右腸骨静脈から右大腿に残っていたということでしょうか。

「ご質問の弾性ストッキングですが一度も使用しておりません」
画像を拝見していませんので、責任ある回答ができないというのが正直なところですが、一般的には弾性ストッキングを装着します。
このあたりは主治医に質問されては如何でしょうか。

「フィルターの件ですが、先生のご回答によりますと、私の場合、2に該当しますので、血液検査の結果とエコーにて確認し、血栓が以前のように残存しているようでしたら、フィルターを挿入する事を前向きに考えようと思っております」
これは慎重に判断することになります。
血栓のある場所が、右腸骨静脈にもということですと、エコーが届かない場所かも知れません。
この場合は、造影CTで評価することになります。
血栓が残存していても、縮小している(なくなりそうな勢いである)場合には、フィルターは不要かも知れません。
いずれにしましても、1ヶ月経過しているのであれば、まず早々に画像(造影CTが良いのかエコーが良いのかは、血栓の部位によります)による経過観察をしたいです。
画像なしには、フィルターをどうするのかの判断はできないと思います。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2012/07/04 5:48 PM
とても参考になりました。
本当に有り難うございました。
  • らっこ
  • 2012/07/05 5:45 PM

また、ご相談したい事がございますので宜しくお願い致します。

血液検査の結果が出たのですが、Dダイマーの値が0.1との事です。
この数値が何を意味しているのかが分からないので、正常値をお聞きしたところ1.0という事で、5.5服用していたワーファリンが5.0になりました。

エコーの結果は右腰骨の所に少し血栓が残っていて、大腿と脹ら脛に未だ残っているとの事でした。
縮小しているが、何パーセントか分からないとのご返事でした。

以前の画像をご覧になっておられない為か、発病したときにこの病院で造影CTスキャン、エコーで診て頂いた結果、別の病院に搬送され、入院しておりましたが、当然、その画像が残っていると思うのですが、とても不安になってしまいました。

数日前、弾性ストッキングをやっと入手し装着しています。歩いた後も以前ほど浮腫がない感じがします。
早く装着すれば良かったと思っています。アドバイス有り難うございました。

ご質問ですが以下の2点です。

1. このような状況ですが、フィルターは留置すべきでしょうか?

2. 弾性ストッキングを装着する数日前からですが、歩いた後に右足の踵が痛みはないのですが、内側が熱くなります。触っても熱くはありません。血栓が影響しているのでしょうか?


先生のアドバイスを宜しくお願い致します。
  • らっこ
  • 2012/07/24 12:03 PM
らっこさん、コメントありがとうございます。

「Dダイマーの値が0.1」
Dダイマーのみで血栓を評価することはできませんが、Dダイマーからは病勢は強くないものと考えられます。

「5.5服用していたワーファリンが5.0になりました」
これは、Dダイマーの値をみてではなく、PT-INRのデータをみてだと思います。

「このような状況ですが、フィルターは留置すべきでしょうか?」
画像を拝見していませんので、良く分からないというのが正直なところです。
主治医の見解は如何だったでしょうか。
血栓が縮小し、かつ安定化してきているのであれば、留置しなくて良いものであれば留置せずにすませたいところではあります。しかし、血栓の状況によります。

「歩いた後に右足の踵が痛みはないのですが、内側が熱くなります。触っても熱くはありません。血栓が影響しているのでしょうか?」
拝見していませんので、良く分からないところですが、深部静脈血栓症で一般的に見られる症状という訳ではありません。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2012/07/24 1:54 PM
ご回答、本当にありがとうございました。
  • らっこ
  • 2012/07/24 4:57 PM
初めまして
下大静脈フィルター、ワーファリンで検索をしてこちらにたどり着きました

今、下大静脈フィルターを永久留置した母のことで悩んでいます、質問をさせてください

74歳の母は2年前に膝窩静脈血栓症から肺血栓塞栓症を発症しました
太い血管が詰まったわけではなく細い血管が徐々に詰まっていったようです
日頃から足が弱り行動範囲が狭い生活環境から
フィルターを永久留置し、ワーファリンを服用してます
既往癧は30年くらい前に胃潰瘍で胃を1/3〜2/3切除してます
約2年間、特に問題は無かったのですが
先日、血尿が出ました
肉眼的血尿で、細菌(-)
CTでは特記所見なく
膀胱内視鏡で膀胱壁に出血斑があり、出血性膀胱炎と診断されました
当番医で血尿時に診ていただいた循環器内科の先生はフィルターを入れて2年経っているので、ワーファリンを止めてもいいでしょう、と言われ服用を中止し
かかりつけの主治医の消化器外科の先生からは
血尿が止まれば、また血栓が出来るかもしれないので
ワーファリンは服用しましょうと言われ再服用してます
ワーファリンを二錠半服用しPT検査のINRは2.5くらいなのでちょうど良いそうです
今回のことがあり、また、どこからか出血するかとても心配してます
ワーファリンを少しでも減らして治療域ぎりぎりにしてもらうことは素人考えでしょうか?
あーちゃん先生のご意見をお聞かせください
よろしくお願いします


  • すみれ
  • 2012/09/29 2:28 PM
すみれさん、この度はご訪問ありがとうございます。

職場のサーバが復旧不能な状態でこわれました。これに伴い、私のメールアドレスが変更になったのですが、ブログに投稿されたコメントが新アドレスに通知されなくなっていたことに今日気がつきました。
お返事が大変に遅れてしまい申し訳ございません。

フィルターが入っている場合には、通常ワーファリンは永続的に内服していただきます。
INRは2.5であれば、コントロールも良いです。

血栓は現在もあるのでしょうか。
血栓が消失しているのであれば、少し弱めのコントロールでも良いかも知れません。
INR 2.0くらいでしょうか。

血尿で命をとられることはありませんが、肺塞栓は致命症になることがありますので、注意が必要です。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2012/10/03 5:54 PM
ご意見ありがうございました
二年前、退院時には血栓はなくなっていると聞きました
その後、特に変わりなく過ごし、安心していたところの血尿だったのでびっくりしてしまいました
またどこから出血するかもしれないと心配しているのですが
フィルターを永久留置しても、ワーファリンはやめて再発する方が危険なのですね
出来るだけ少し弱めこんとろにしてもらって
あらゆる出血に注意するしかないですよね
ありがとうございました
  • すみれ
  • 2012/10/04 8:24 PM
昨年7月にご相談に乗って頂いたらっこです。
またよろしくお願い致します。
現在のDダイマーの値は:0.0です。7月末から(一回除いて)この値です。
PTINR:は1.60です。先月は2.16でした。
ワーファリンは3mg, フェロミア50mg,ガスター10% を服用しています。
フィルターは入れておりません。昨年11月に主治医から「フィルターを入れなくても大丈夫でしょう。」とのことで、安心いたしました。

只、歩いたり、立っていたりすると以前ほどではないのですが、膝の後ろが張ったような感じがし、脹ら脛が浮腫みますので、血栓が残っていて、もはや固まってしまったのかと・・・不安になります。

血液検査で病状は分かるので、超音波、CTは必要ないとの先生のご判断なのですが、12月にこちらからお願いして超音波を受けました。
「まだ血栓は残っていますね。」との事で、以前より何パーセント縮小したのか、固まってしまったのか、詳細はお聞きしてもわかりません。

もう一点、気になる事ですが、昨年の8月、11月、排便時に出血があり、15段ほどの階段を上がっただけで、息切れがして、座り込むほどでした。その時はDダイマー・0.0 PTINR 3.30(8月) 2.77(11月)でした。
運動不足もあるのかと思いますが、主治医のお話ですと、「腸を圧迫して出血があるかもしれない」との事でした。
フェロミアを100mgを服用して、階段を上がるのは楽になりました。

また先週から2度ほど排便時に出血があります。
一回は便は普通でしたが、2回目はちょっと下痢気味でした。

ワーファリンの量とは関係なく、何か別の病気の可能性がありますでしょうか?
とりとめも無く書いてしまいましたが、アドバイスをよろしくお願い致します。




  • らっこ
  • 2013/02/27 7:41 PM
らっこさん、この度はご訪問ありがとうございます。

「フィルターを入れなくても大丈夫でしょう」
それは大変に良かったです。

「まだ血栓は残っていますね」
残存することは多々あります。
治療がしっかり継続されていて、血栓も固まってしまっていれば、あまり心配ないことが多いです。ただし、画像を拝見していませんので、自信をもってコメントはできないというのが正直なところです、申し訳ございません。

「15段ほどの階段を上がっただけで、息切れがして、座り込むほどでした」
この理由はどのように説明を受けたでしょうか。貧血もあったのでしょうか。

「腸を圧迫して出血があるかもしれない」
すいませんが、主治医のこの説明はどういう意味なのか私には理解できませんでした。何が腸を圧迫したのでしょうか。
もし何かが腸を圧迫したとして、なぜ出血するのでしょうか。

「フェロミアを100mgを服用して、階段を上がるのは楽になりました」
やはり、貧血があったのでしょうか。

「ワーファリンの量とは関係なく、何か別の病気の可能性がありますでしょうか」
ワーファリン内服のみで出血することはないです。
例えば、痔があっても出血するかも知れません。
あるいは、ワーファリンを内服しているために、大腸がんがかえって早く見つかったということもあります。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2013/02/28 10:26 AM
ご回答を有り難うございました。

もう数点アドバイスを宜しくお願い致します。

上記しました私のDダイマー、PTINRの値とワーファリンの量は適切でしょうか?

「ワーファリンの量が多過ぎると、時として便の中に血液が流れてしまい、黒くなるので、その時は伝えて下さい」と主治医から言われております。
今は鉄剤を服用していますので、当然黒くなりますから判断しずらいので、主治医としては早く鉄剤を止めたいようです。

「ワーファリン内服のみで出血することはありません」とのことですが、鼻をかんだ時に、鼻血が出るのは粘膜が敏感になっていると聞いた事があるのですが・・・腸の粘膜も排便時に傷ついて出血する可能性はありますでしょうか?

ご回答を宜しくお願い致します。




  • らっこ
  • 2013/02/28 11:10 PM
らっこさん、コメントありがとうございます。

「私のDダイマー、PTINRの値とワーファリンの量は適切でしょうか?」
Dダイマーは数字が小さいほど良いです。上記のデータは素晴らしいです。
INRは、病状、合併症、年齢などによって違いますので一概には言えないところです。
通常は、2〜3くらいにコントロールします。上記の数字は良いと思います。

「腸の粘膜も排便時に傷ついて出血する可能性はありますでしょうか?」
通常ないと思います。
ただし、切れ痔などがあれば出血しやすいと思います。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2013/03/01 8:36 AM
ご回答有り難うございました。
また、夜分に申し訳ございません。もう一点お伺いしたい事がございます。

出血の事が気になり、主治医にご相談しましたら内科で診て頂く事になりました。
内科医の診断は痔では無く、肛門から少し奥の所から出血しているとの事でした。

腸を検査するという事で、血液、超音波、写真診断、CT撮影、コンピューター断層診断、肛門検査の結果、全く以上はありませんでした。

出血した時は痛みが無かったので、何が原因か分からす不安でしたが、あーちゃん先生のご判断のごとく、痔が原因ではないかと私も思っております。

本来なら外科で診て頂いた方が良かったのではと・・・。

主治医と相談されているとは思いますが、一週間ワーファリンを止めて、ミヤBM錠を服用する事になりました。

私としては急にワーファリンを止めて、一週間服用しないことに不安を感じています。
先生はどのようにお考えでしょうか?
よろしくお願い致します。






  • らっこ
  • 2013/03/01 11:20 PM
らっこさん、コメントありがとうございます。

「私としては急にワーファリンを止めて、一週間服用しないことに不安を感じています」
ワーファリンを中断できるかどうかは、深部静脈血栓症の病状によります。また、深部静脈血栓症の原因が何なのかにもよります。

その上で、ワーファリン中断のメリットとデメリットを考えて慎重に判断することになります。

私は深部静脈血栓症の全貌を知ることができませんので、すいませんがこの回答は控えさせていただいてもよろしいでしょうか。
お力になれず、申し訳ございません。
  • あーちゃん
  • 2013/03/02 2:10 PM
了解致しました。
色々とご回答頂きまして有り難うございました。
  • らっこ
  • 2013/03/02 4:23 PM
はじめまして。
家族が深部静脈血栓症でIVCフィルター治療での入院中です。
先日、家族の主治医から、カテーテルから注入する「ウロキナーゼ」という薬を、「担当医に確認した上で看護師が注入したが、間違って違う入り口から注入してしまい、薬が1回ちゃんと入らなかった。その日の夕方に誤りに気付き、正しい入り口から薬液の注入はできた。ご家族の治療には影響はなかった」と説明を受け、謝罪をしていただいました。
説明では、家族に影響が無かったとのことだったので、その場では納得したのですが、帰宅後治療前にその主治医から受け取った「治療説明用紙」を読み返してみてふと疑問に思ったので以下の点をご質問させていただきます。
(とてもお世話になっていて、信頼している病院なので、病院をとがめる気は毛頭ありません。)
〆2鵑慮蹐辰臣軻口からの薬の注入でカテーテル治療中の感染につながるリスクはないのか
必要な薬の注入が半日程注入されなかったことでの血栓のリスクは増えないのか
L瑤牢埜郢佞注入するものなのか
  • ひじき
  • 2013/11/10 1:35 PM
ひじきさん、この度はご訪問ありがとうございます。

確認させていただきながら、分かる範囲内で書かせていただきます。

「違う入り口」とのことですが、どこから注入されたのでしょうか。
「正しい入り口」とのことですが、同様にどこから注入されたのでしょうか。点滴は腕からされているでしょうか、あるいはソケイ部からされているでしょうか。
点滴のルート以外に、何か管が入っているでしょうか。

「ウロキナーゼ」は、全ての深部静脈血栓症に対して行う訳ではありません。
むしろ、ヘパリン(ヘパリン類)による治療の方が重要ですが、ヘパリン(ヘパリン類)も投与されているでしょうか。

深部静脈血栓症の原因(危険因子)は何だったでしょうか。
年齢は、何歳代でしょうか。

「今回の誤った注入口からの薬の注入でカテーテル治療中の感染につながるリスクはないのか」
「違う入り口」がどこのことを指しているのか不明のため、申し訳ございませんが、よく分かりません。

「必要な薬の注入が半日程注入されなかったことでの血栓のリスクは増えないのか」
ヘパリン(ヘパリン類)による治療がなされていれば大丈夫です。むしろ、なぜウロキナーゼによる治療がなされたのか知りたいです。
ウロキナーゼには出血の副作用があります。
また、血栓の状況によっては変に溶解して、かえって肺塞栓を誘発することもあります。
フィルターをご覧になったでしょうか。隙間だらけですので、フィルターがしてあれば、肺に飛ばないという訳ではありません。
巨大な血栓が飛んできても、フィルターにぶつかって小さくなってから肺に飛ぶために、致命症にはならないことを期待しています。

「薬は看護師が注入するものなのか」
原則は医師だと思いますが、実際には看護師が行っている病院の方が多いのではないかと推測します。

不明な点につきましては、遠慮なく主治医に質問されると良いと思います。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2013/11/11 9:46 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    hisa (11/21)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    あーちゃん (11/17)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    hisa (11/17)
  • 考えるルイちゃん(画像)
    あーちゃん (09/26)
  • 考えるルイちゃん(画像)
    えび (09/26)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    あーちゃん (09/05)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会