<< 血栓症の臨床(図解)68:深部静脈血栓症&肺塞栓、下大静脈フィルター | main | 血栓症の臨床(図解)70:深部静脈血栓症の危険因子(リスクファクター) >>

血栓症の臨床(図解)69:深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルターの有用性?

血栓症の臨床(図解)シリーズ
・血栓症の基礎:1234567891011121314
・抗血栓療法:15161718192021222324252627
・アスピリン vs. ワーファリン:
28293031323334353637383940
414243444546
・深部静脈血栓症/肺塞栓(DVT/PE):
4748495051525354555657585960
616263646566676869



昨日に続いて、下大静脈フィルターのテーマです。

上図は、近位部深部静脈血栓症(DVT)に対して、下大静脈フィルターを留置して肺塞栓(PE)の予防効果を検討したものです。フィルター留置群200例、非留置群200例、計400例での比較検討になっています。

予想に反して、肺塞栓の発症、大出血の副作用、死亡に関しては両群間に有意差はみられませんでした。しかも皮肉なことに、有意差がついたのは深部静脈血栓症の再発率でした。フィルター留置群の方が、有意に深部静脈血栓症の再発率が高くなっています。

結局、下大静脈フィルターにはメリットがない(肺塞栓の発症を抑制しない)どころか、デメリットの方が大きいということになってしまいます。論文中では、下大静脈フィルターの短期的なメリットはあると論じていますが、長期的にみますと、あまり良いことはないと言うことになります。

下大静脈フィルターは、出血性素因のために抗凝固療法を行えない場合など、必ず必要になるケースはありますが、何でもかんでも留置すれば良いという訳ではないことになります。

体内に異物を留置することにはデメリットもありますので、フィルターを留置するかどうかの判断は適確に行うことが重要と考えられます。


(続く)


健康病気症状相談コーナーのトップページへ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。

JUGEMテーマ:健康



スポンサーサイト

  • 2017.08.02 Wednesday
  • -
  • 19:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
 フィルターのデータを興味深く拝見しました。
 私は肺塞栓症の初回発症の急性期には重症度に関わらず深部静脈の血栓の残存具合によりフィルター挿入の適応を決めておりました。
 本来急性期には一時的フィルターを挿入すべきかもしれませんが、固定が困難、抜去時に血栓が飛びやすい、などの理由で永久型を入れることが多かったと思います。
 しかし、このようなデータをみますと急性期にフィルターを入れるのはあまり意味のないことかと考えますがいかがでしょうか?
 急性期には、フィルターをいれずに「血栓が残存していても抗凝固療法をしっかり行って血栓が飛んでもできるだけ被害を少なくする」という方針がいいでしょうか?
  • 堂島翔
  • 2008/10/10 12:10 AM
核心をつくコメントありがとうございます。

私は、フィルターの適応のある症例は確かにあるもの、極めて限定された症例のみと思っています。長期的には、デメリットもあるからです。私が外来で拝見しているフィルター装着の患者様のなかで、ワーファリンコントロールが少しでも緩くなるとすぐに下肢の腫脹が見られてします方がおられます。フィルターのためDVTが再燃しやすい状況と認識しています。

以前の記事で書かせていただいたように、線溶療法の適応のある症例も極めて限定的です。

急性期の治療のコツは私も以下のように考えています(堂島翔先生のパクリが含まれています)。

「血栓が残存していても血行動態に問題がなければ線溶療法を併用しようという誘惑に負けることなく抗凝固療法のみを継続する。また、抗凝固療法を十分行えるのであればフィルターも入れずに治療する。血栓が飛来することに対して決してフィルターは万能ではないどころか、デメリットになることも少なくない」。
(補足)DVTに対しては抗凝固療法を主体とした治療を行い、内因性線溶により血栓量が減少することを期待する。抗凝固療法下であれば、血栓が残存しても器質化されれば支障ない。なお、抗凝固療法は通常永続的に行う。

と、断言調で書かせていただきましたが、このあたりは専門家でも意見が分かれると思います。また、時代とともに治療方法が変わると思っています。

  • あーちゃん
  • 2008/10/10 8:33 AM
 答えにくい質問に、逃げない(?)、はっきりしたコメント恐れ入ります。
 深部静脈に静脈血栓が残っていると、肺塞栓症の再発が怖くて、ついフィルターを入れて線溶療法をしたくなってしまいますが、フィルターのデメリットを十分考慮する必要があることが分かりました。
 現在多くの施設で比較的安易にフィルターが挿入されているように思いますが、再考が必要な時期に来ているということですね。
  • 堂島翔
  • 2008/10/10 10:33 PM
ありがとうございます。

「現在多くの施設で比較的安易にフィルターが挿入されている」というのは全く同意見です。

保険点数がついた治療が正しい治療ではないことを、臨床家は認識すべきではないかと思っています。
  • あーちゃん
  • 2008/10/10 10:52 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/05/20 8:20 AM
以下のご質問をいただきました。
お名前が本名かペンネームか判断できませんでしたので、開封しないでおきます。

「昨日、フィルターを取るために検査入院したのですが、左足にまだ血栓が残っているため留置しておくことになりました。深部静脈血栓性の再発率が高いと知り回収してほしくなりました。
フィルターを入れて2週間になります。時間が経過すれば回収できないのもわかっています。
何かいい方法はないものでしょうか?」

血栓があったとしても、血栓の状況によって、フィルターを抜去できる場合と、できない場合があります。

抜去できないと判断されたということは、肺に飛んでいきそうな危ない血栓がまだあるということでしょうか。
抗凝固療法は現在は何をされているでしょうか。
ヘパリンの点滴でしょうか、ワーファリンの内服でしょうか、あるいはその両者でしょうか。

肺に飛んでいきそうな血栓があったのであれば、ヘパリンやワーファリンによって危険のない血栓にまで縮小した時点でフィルター抜去したいところです。ただし、2週間経過したのであれば、タイムリミットになっています。主治医の方針を確認したいです。

ところで、深部静脈血栓症でもフィルターを入れるのは事情がある場合のみですが、どういう事情でフィルターを入れることになったのか聞いておられるでしょうか。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/05/20 5:57 PM
私たち患者は病気に関する治療法を説明してもらわないと何もわかりません。このように相談にのっていただきアドバイスをしていただくことにとても感謝しています。
現在の抗凝固療法はワーファリンを服用しています
す。フィルターを抜去するには肺にとんでいきそう
な血栓があり、実際にフィルターに捕獲されている
とのことでした。
ですが、私としましては素人考えでありますが一時留置型のフィルターではなく回収可能型にしてくれなかったのかということと、一時留置型を取り回収可能型に換えてもらうことはできないものなのかということです。
今後フィルターを取るのであれば外科手術が必要になるそうです。またそれはそれでデメリットがあるのではないかと思うと現段階でどのようにすればいいのか教えていただけますか?
主治医のいう通り2週間経ちましたが血栓が残っています。そのため、この先フィルターは留置したままワーファリンを内服し続けるという納得のいかない方法でお任せするしかないのでしょうか?
  • ペンネームchi919
  • 2014/05/20 11:06 PM
chi919さん、コメントありがとうございます。

「現在の抗凝固療法はワーファリンを服用しています」
PT-INRはどのくらいでコントロールされていますでしょうか。
D-ダイマーの値は分かりますでしょうか(D-ダイマーで血栓の活動性が分かります)。
ワーファリンのコントロールが弱くないかどうか(PT-INRがどのくらいか)が、少し気になりました。

「実際にフィルターに捕獲されている」
この判断が難しいことがあります。
下大静脈フィルターは好きな臨床医と嫌いな臨床医がいます。
好きな臨床医は、フィルターをいれたので捕獲できたと言います。
一方、嫌いな臨床医はフィルター(異物)を入れたのでそこで血栓ができたと言います。

「一時留置型のフィルターではなく回収可能型にしてくれなかったのかということと」
一時留置型ということは、イコール回収可能型ということだと思います。

「一時留置型を取り回収可能型に換えてもらうことはできないものなのか」
フィルターの交換はしないと思います。
回収するか、ずっと留置するかのどちらかだと思います。

「今後フィルターを取るのであれば外科手術が必要になるそうです」
本当でしょうか?
私のいる医療機関では、このような手術はしたことがないと思います。

「主治医のいう通り2週間経ちましたが血栓が残っています。そのため、この先フィルターは留置したままワーファリンを内服し続ける」
本当に危ない血栓が残っているのであれが抜去できないですが、本当にフィルターを抜けないほど危ない血栓なのかどうかは、私には判断する材料がありませんので、何とも言えないところです。

永続的にフィルターをいれた患者さんも診察させていただいていますが、ワーファリンのコントロールを若干強めにしますが、特に日常生活で問題があるわけではないです。

ここまでで確認したい点は以下です。
1) ワーファリンのコントロール具合はどうなっているか。弱くないかどうかです。
2) 深部静脈血栓症の危険因子は何か。血栓ができた背景を知りたいところです。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/05/21 10:14 AM
お忙しい中、早速のお返事ありがとうございます。
そして、十分な回答ありがとうございます。
先ほど再度受診してきました。血液検査のデータはワーファリンを服用していると参考にならないという理由でお願いしたのですがもらえませんでした。
(ワーファリンのコントロール具合)
データはもらえなかったのですが弱いそうです。
(深部静脈血栓症の危険因子)
・昨年の夏に深部静脈血栓症による肺塞栓症の既往
・静脈弁が弱っている
・血流スピードが普通より遅い
このような回答でよろしいのでしょうか?
あーちゃん先生のデータを見てどうしてもフィルターを留置しておくのが怖くてしたくありません。
主治医に今取れば死ぬかもしれないと言われました。不安になるような言葉意外には方針を考え直してくれる言葉は聞けませんでした。
ちなみに血栓は剥がれて浮いている状態だそうです。次回半年後とのことですが、血栓が捕獲されているフィルターをそのままにしておいてもいいのですか?管理が必要と聞いたことがあるのですが。
  • chi919
  • 2014/05/21 4:28 PM
chi919さん、コメントありがとうございます。

「血液検査のデータはワーファリンを服用していると参考にならない」
確かに、プロテインCとプロテインSは、ワーファリンを内服すると低値になりますが、あとの検査は支障ないです。
むしろ、PT-INR、D-ダイマーは積極的に検査しませんと、ワーファリンが効いているのかどうか判断できません。

「データはもらえなかったのですが弱いそうです」
どのくらい弱いかは、PT-INRのデータがないと分かりません。
データは患者さんが希望すればもらえるはずですが、何故もらえなかったのか私には理解できませんでした。
内科医でしょうか、心臓血管外科医でしょうか、あるいはその他の専門医でしょうか?
ワーファリンの処方に慣れた医師かどうか少し気になりました。

「昨年の夏に深部静脈血栓症による肺塞栓症の既往」
これは確かに危険因子ですが、それでは昨年の夏に深部静脈血栓症を起こした危険因子を知りたいですね。

「静脈弁が弱っている、血流スピードが普通より遅い」
これだけでは、少なくとも強い危険因子とは言えないと思います。

全ての深部静脈血栓症で危険因子が分かるわけではありませんが、どこまでしっかり調べてあるかが気になりました。
なお、年齢(何歳代)、性別について、もし支障がなければ教えていただけるでしょうか。

「ちなみに血栓は剥がれて浮いている状態だそうです」
昨年の夏に深部静脈血栓症を起こして、今回はワーファリン内服中にもかかわらず2週間前にまた深部静脈血栓症をおこしたということでしょうか。
ワーファリンが弱かったことが再発の原因ではないでしょうか。

「次回半年後とのことですが、血栓が捕獲されているフィルターをそのままにしておいてもいいのですか」
半年後に下肢静脈エコー検査をするという意味でしょうか。
血液検査はどのくらいの間隔でされているでしょうか。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/05/21 6:03 PM
いつもわかりやすい回答とても参考になり感謝しています。
今日早速PT-INRとD-ダイマーのデータ確認しておきます。歳は45歳で男、主治医は循環器内科です。昨年の夏の深部静脈血栓症の危険因子ですが、検査結果から特に見当たらないと言われました。何か思い当たる点はないかと聞かれたので、仕事でよく車内泊していることを言うとそれが原因だとのことでした。
今回ワーファリンは服用していません。昨年9月にフィルター抜去して退院した後、3か月後のCT検査の結果ワーファリンも必要ないとのことでしたので。今回の半年後の検査はCT検査です。それまでは近くの診療所で、血液検査をしてワーファリンの調整をしてもらう予定です。1週間から10日に1回くらいのペースで受診するよう言われています。

これまでのあーちゃん先生の回答を参考にさせていただいたところ私としましては、ワーファリンのコントロールの具合を強くしていただき、今すぐには抜去できないと言われているフィルターを少しでも早く抜去できる状態にしたいと思います。日々回収率が低下していると思うと早急にしてもらいたいのですが。
どうでしょうか?
  • chi919
  • 2014/05/22 8:25 AM
chi919さん、コメントありがとうございます。

「仕事でよく車内泊していることを言うとそれが原因だとのことでした」
確かに車中泊は危険因子になります。
新潟中越大震災の歳も、車中泊が原因で、深部静脈血栓症→肺塞栓(いわゆるエコノミークラス症候群)になり命を落とされた方がおられて、大きな社会問題になりました。

「昨年9月にフィルター抜去して退院した後、3か月後のCT検査の結果ワーファリンも必要ないとのことでしたので」
おそらく車中泊はされていなかったと思いますので、危険因子は他にもあるかも知れないですね。
少なくとも、アンチトロンビン、プロテインC、プロテインS、ループスアンチコアグラント、抗カルジオリピン抗体、抗カルジオリピン-β2GPI複合体は調べておきたいです。いずれも血液検査で分かります。
(なお、既に書かせていただいたように、プロテインC、プロテインSはワーファリンを内服すれば誰でも低下しますが、両方を比較することで当たりがつく場合もあります。たとえば、プロテインCが50%でプロテインSが10%だったら、プロテインS欠損症が疑われます。この場合でもアンチトロンビンはワーファリンの影響を受けませんので欠損症でなければ100%です)

「1週間から10日に1回くらいのペースで受診するよう言われています」
はい、最初は慎重にそのくらいでも良いと思います。
PT-INRは診察時に毎回チェックすることになると思います。
D-ダイマーも正常化するまでは毎回チェックしたいですが、正常化したら1〜2ヶ月に1回でも良いと思います。

「ワーファリンのコントロールの具合を強くしていただき」
お若いですので、出血の副作用はでにくいと思います。
INR2.5〜3.0くらいの若干強めのコントロールが良いと思います。

「フィルターを少しでも早く抜去できる状態にしたいと思います」
私もフィルターを抜けるのは2週間くらいまでと理解していますが、主治医にいつまでだったらぎりぎり抜去できるか、確認しておかれては如何でしょうか。
なお、繰り返しになりますが、フィルターを永続的に入れておられる方もたくさんおられますので、必ず抜去すべきという訳ではありません。
血栓の状況をみながら、抜去することのメリットとデメリットを天秤にかけることになると思います。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/05/22 10:26 AM
ありがとうございます。
やはり再度お願いして血液検査のデータをいただこうと思います。
いろいろ教えていただいて私としましては入院を希望しまして治療に専念したいと思います。そして、できるだけ早く血栓が縮小することを願いやはりフィルターを抜去したいと考えております。
理想としましてはそれが可能になれば、食生活、生活習慣等の改善で予防していきたい思います。希望入院は可能でしょうか?
  • chi919
  • 2014/05/22 4:17 PM
chi919さん、コメントありがとうございます。
まず入院が必要かどうか、入院でないとできない治療なのかどうかという問題があると思います。
ワーファリンコントロールのみであれば、外来で問題ないと思います。
ただし、希望がかなうかどうかは別として、主治医に希望を伝えるのは普通のことですので、何ら問題ないと思います。
  • あーちゃん
  • 2014/05/23 8:21 AM
お忙しい中、度々の回答ありがとうございます。
今月の2日に足の痛みで受診しまして、即入院と言われました。でも、出来れば入院は極力避けたかったので自宅治療でいくという主治医との話しあいで3日間で退院させてもらいました。
今考えると、入院して治療に専念していた方がよかったのかと後悔しております。
結果、19日の検査入院でフィルターを抜去する予定がこのような結果になりました。
今からでも入院して治療に専念したいとお願いしたのですが聞き入れてくれそうにない雰囲気です。
今さらなのでしょうか?
  • chi919
  • 2014/05/23 11:10 AM
chi919さん、コメントありがとうございます。

血栓の状況が分かりませんので、はっきりと申し上げれない状況です。
申し訳ございません。

ただ、一般論ですが、希望がある場合は遠慮なく主治医に伝えるのが良いと思います。
  • あーちゃん
  • 2014/05/25 11:06 PM
いつも大変参考になる回答ありがとうございます。
あれからもう一度担当医に相談した結果、入院してもあまり意味がない、フィルター抜去はもうできないとのことでした。
フィルターの留置というのは抜去できなかった場合を考え、永久留置になるかもしれないという説明はした上で本人の納得のもと処置するのではないのでしょうか?
一時留置したが検査結果抜去できないので永久留置すると言われても、納得できないのが今の現状です。

前に言われてました血液検査のデータをいただきましたので、どの数値を特に確認したらいいのか教えてください。
とりあえずPT-INRとDダイマーはわかるのですが、プロテインSやプロテインCその他以前確認しておいた方がいいと教えていただいた数値がどれなのかわかりません。

お手数をおかけしますが、また教えていただいて今後の参考にしたいと考えております。
よろしくお願いします。
  • chi919
  • 2014/05/27 2:11 PM
chi919さん、コメントありがとうございます。

「フィルターの留置というのは抜去できなかった場合を考え、永久留置になるかもしれないという説明はした上で本人の納得のもと処置するのではないのでしょうか?」
はい、その通りです。
ただし、永久留置の方もたくさんおられますし、永久留置は駄目という訳ではございません。

「一時留置したが検査結果抜去できないので永久留置すると言われても、納得できないのが今の現状です」
このお気持ちも良く理解できます。永久留置は駄目ではないですが、やはり、最初の時点で説明が欲しかったですね。

「とりあえずPT-INRとDダイマーはわかるのですが」
もし支障ないようでしたら、経時的に全てのデータを拝見したいです。

「確認しておいた方がいいと教えていただいた数値がどれなのかわかりません」
それでは、とりあえず書かれているデータを全てそのまま拝見できますでしょうか。

なお今週後半〜週末はインターネットに接続できない時間帯が長くなります。お返事が遅れる可能性がありますが、必ずお返事させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
  • あーちゃん
  • 2014/05/27 5:56 PM
おはようございます。早速ですが下記のデータが昨日いただいたものです。 

白血球数 8010
赤血球数 552
血色素量 16.4
ヘマトクリット値 47.8
平均赤血球容量 86.6
平均赤血球ヘモグロビン量 29.7
平均赤血球ヘモグロビン濃度 34.3
血小板数 25.0
RDW-SD 41.8
RDW-CV 13.2
PT 25.0
PT(INR) 2.65
FDP <3.0
D・Dダイマー 0.5
AST 25
ALT 30
ALP 262
LDH 228
r-GTP 31
CK 220
尿素窒素 15.6
クレアチニン 0.79
ナトリウム 140
カリウム 4.2
クロール 107
C反応性蛋白 0.04
eGFR 84

以上が検査詳細情報となっております。お忙しい中大変恐縮ですがよろしくお願いします。
  • chi919
  • 2014/05/28 8:19 AM
chi919さん、コメントありがとうございます。

・ 白血球数 8010:炎症反応はありません。
・ 赤血球数 552、血色素量 16.4、ヘマトクリット値 47.8:貧血はありません。
・ 血小板数 25.0:血小板というのは血をとめる成分の一つです。正常です。
・ PT 25.0、PT(INR) 2.65:これでワーファリンコントロールの強度がわかります。PT(INR)を2〜3くらいでコントロールします。2.65ですので理想的なコントロールです。フィルターが入っていますので、若干強めに、PT(INR)を2.5〜3くらいを目指すと良いと思います。ただし、PT(INR)は変動しますので、1回コントロール域を外れたからと言って、すぐにワーファリン量を調整するという訳でもないです。
・ FDP <3.0、D・Dダイマー 0.5:これで血栓の病勢がわかります。この値はとても良いです。血栓は沈静化しているものと推測されます。
・ AST 25、ALT 30、ALP 262、LDH 228、r-GTP 31:肝機能検査です。正常です。
・ CK 220:筋肉のダメージや疲れでも上昇します。若干高めですが病的ではないでしょう。
・ 尿素窒素 15.6、クレアチニン 0.79、eGFR 84:腎機能検査です。正常です。
・ ナトリウム 140、カリウム 4.2、クロール 107:電解質検査です。正常です。
・ C反応性蛋白 0.04:炎症反応をみり検査です。炎症はありません。良い事です。

PT-INR、FDP、Dダイマーから、ワーファリンのコントロールは良好と考えられます。この良い状態のコントロールを継続して、血栓が縮小することを期待したいです。
血栓が完全に消失するのがベストですが、完全に消失しないことも多々あります。その場合でも、血栓が安定して肺に飛ぶ危険がなくなっていれば良しと考えます。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/05/28 8:38 AM
早速の回答大変ありがたく感謝しております。

このデータではフィルターが抜去できるかどうかという判断はある程度できるものでしょうか?
また、現段階では抜去できないのであれば置き換えという方法もあるということを勉強しました。これは血管外科のようで、私が受診している循環器内科ではないようです。

結局のところ、処置前の十分な説明のないままこのような状態になり、主治医には抜去の方向で進めていただきたいのにそれが聞き入れてもらえず、日々時間だけが過ぎ癒着していくことを考えるといてもたってもいられません。
1日でも早く抜去できるように血栓の状態をいい方向に進めていただきながら、置換ができるのであればそれまではその方向でお願いしたいという意思を伝えたのですが無理でした。

この意思を伝え、そのような方向で処置していただけることを期待してセカンドオピニオンを考えるのはどうでしょうか?
また、ご意見をお聞かせください。
  • chi919
  • 2014/05/28 10:58 AM
chi919さん、コメントありがとうございます。

「このデータではフィルターが抜去できるかどうかという判断はある程度できるものでしょうか?」
血液検査が大丈夫であることは、抜去できるための必要条件にはなるかも知れませんが、十分条件にはならないです。
やはり、下肢静脈エコー検査や造影CTでの画像学的な確認が必要になります。

「置き換えという方法もあるということを勉強しました。これは血管外科のようで、私が受診している循環器内科ではないようです」
私もこの点につきましては良く分かりませんので、回答は保留させていただけるでしょうか。

「そのような方向で処置していただけることを期待してセカンドオピニオンを考えるのはどうでしょうか?」
現在は普通にセカンドオピニオンが行われている時代です。
セカンドオピニオンは何ら問題ないと思います。
ただし、血栓の状況によっては、セカンドオピニオンでも留置のままが良いという判断になる可能性があるかと思います。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/05/28 11:53 AM
大変参考になることをいろいろ教えていただきありがとうございました。
セカンドオピニオンの方向で少し考えてみます。
  • chi919
  • 2014/05/28 2:36 PM
先月はいろいろと教えていただきありがとうございました。
あれから、セカンドオピニオンをしていただける病院に意向を伝えましたところ、1日も早い方がいいとのことですぐに診ていただき抜去することができました。
病院によってこんなに方針が違うものかと驚いております。

抜去していただいた病院より、主治医に紹介状を出してもらい、今後はまたお世話になるつもりで昨日受診したのですが、抜去したのならもう知らないよ、ワーファリンは一生のみ続けないといけないと言われました。

こういう場合どう対処すればいいのでしょうか?また、ご意見をいただけますでしょうか?
  • chi919
  • 2014/06/27 10:51 AM
chi919さん、コメントありがとうございます。

「抜去したのならもう知らないよ」
どういう意味でしょうか。診療拒否という意味でしょうか。
それはありえないと思いますが。。。
あるいはフィルターを抜いてもらった病院で継続治療をうけると言う方法もあるのでしょうか。

「ワーファリンは一生のみ続けないといけない」
これは、私も同じ意見です。

今は血栓の状況はどうなっているのでしょうか。
フィルターを抜いたということは、危ない血栓はないということでしょうか。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/06/27 6:42 PM
早速のご回答ありがとうございます。
もう知らないという意図、私もどのように受け取ったらいいのかわかりません。ただ、今後の検査等治療の方針は何もなく帰ってきたというところです。
ちなみにフィルターを抜いてもらった病院は県外の為、継続治療は難しく紹介状を書いてもらいました。

ですが、このような言葉を言われ不安になりフィルターを抜いてもらった病院に相談しましたら、よくあることだと言われました。3カ月後に検査するので来てください、それで問題はないでしょうということです。

抜去時の検査では、血栓はほとんどなくなっておりふくらはぎに少し残っている程度でした。
以前、あーちゃん先生がフィルターを入れていると永続的にワーファリンは服用しなければならないと言っておられましたが、フィルターがなくなってもそれは同じなのでしょうか?
昨年は退院後3カ月間服用した後に、もう飲まなくていいと言われ全く飲んでいませんでした。今回は再発したからでしょうか?

また、ご意見をお聞かせいただければと思います。
  • chi919
  • 2014/06/28 8:52 AM
chi919さん、コメントありがとうございます。

「フィルターを入れていると永続的にワーファリンは服用しなければならないと言っておられましたが、フィルターがなくなってもそれは同じなのでしょうか?」
chi919さんの場合は再発されているという経緯から、ワーファリンは是非とも永続的に内服していただければと思います。
中断しますと、また再発の懸念がありますので。

どこまで検査してあるかにもよりますが、私は何らかの血栓性素因を持っておられるように感じます。

さらに極論しますと血栓症の最大の危険因子は「人間であること」だと思っています。今の人間は本当に血栓症にもろい生き物です。
病気のあるなし関係なく全ての人間が血液さらさらのサプリを内服するような時代がくると私は真剣に思っています。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/06/30 9:30 AM
ありがとうございました。

ワーファリンを服用するにあたり今一度確認させてください。
納豆、クロレラ、青汁等の基本的にいけないものは理解しているつもりです。
ただ、市販薬、健康食品等で悩んでおります。

たとえば風邪をひいたとき、頭痛がするときにどの成分であれば飲んでもよいのか、胃痛や腹痛のとき飲んでよい成分はどういったものか。

漢方薬では人参が入っているもの、にんにくが入っているものなどは避けなくてはならないのでしょうか?
また、グルコサミンやコエンザイムQ10、コラーゲン等避けなくてはならないと薬の本に書いてありました。

やはりワーファリンはかなり制限があるように思い、病院に行くまでもないようなときに困っております。

お忙し中恐縮ですが、また教えていただけたらと思います。
  • chi919
  • 2014/07/01 11:37 AM
chi919さん、コメントありがとうございます。
私は、混乱の原因にならないようにあまり細かなことはお伝えしないようにしています。

食事は納豆は一粒も食べないようにとお伝えしています(理由:ワーファリンの効果が速やかに減弱するために危険)。
ワーファリンはビタミンKの拮抗薬ですが、納豆には超大量にビタミンKが含まれているためです。
ビタミンKそのものも内服しないようにお伝えしています。骨そしょう症のお薬にビタミンK製剤があります。
サプリは、ビタミンKが含有されていれば不可ですが、ビタミンKが含有されていなければ大丈夫です。ただし、不明な場合にはとらないようにとお伝えしています。

「クロレラ、青汁等」は、あまり強調していません。

「市販薬、健康食品」は、ビタミンKが含まれているかどうかがポイントです。不明であればとらない方が良いと思います。
と言いますか、健康食品は普通に食事できていれば必要ないと思います。

「風邪をひいたとき、頭痛がするときに」「胃痛や腹痛」
ワーファリンの効果を増強するお薬、逆に減弱させるお薬、いずれも多数あります。
市販薬ではなく、病院受診をお勧めします。

「漢方薬では人参が入っているもの、にんにくが入っているものなどは避けなくてはならないのでしょうか?」
漢方薬は多分大丈夫ですが、それ以前に漢方薬は必要でしょうか?

「グルコサミンやコエンザイムQ10、コラーゲン等避けなくてはならないと薬の本に書いてありました」
どうでしょう? 私も良くわからないです。
そもそもこれらのサプリが本当に必要なのかどうかという問題があると思います。

「病院に行くまでもないようなとき」
市販薬は使用しないか、病院受診するかのどちらかが良いと思います。

以上、分かる範囲内で書かせていただきましたが、回答になっていますでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2014/07/01 5:13 PM
いろいろと教えていただきありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。
  • chi919
  • 2014/07/01 9:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (07/21)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    himi (07/21)
  • 【胸痛】:リンク集
    あーちゃん (07/10)
  • 【胸痛】:リンク集
    AF冠者 (07/10)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (06/13)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    hisa (06/13)
  • リンパ節(ぐりぐり)の腫れ:悪性リンパ腫、癌 or 良性?
    あーちゃん (06/11)
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会