<< 血栓症の臨床(図解)87:風の軌跡(堂島翔 作) | main | 血栓症の臨床(図解)89:血栓止血やDICの記事が豊富 >>

血栓症の臨床(図解)88:YAHOO知恵袋での回答(by aachan1219)

血栓症の臨床(図解)シリーズ
・血栓症の基礎:1234567891011121314
・抗血栓療法:15161718192021222324252627
・アスピリン vs. ワーファリン:
28293031323334353637383940
414243444546
・深部静脈血栓症/肺塞栓(DVT/PE):
4748495051525354555657585960
616263646566676869707172
・抗リン脂質抗体症候群(APS):
73747576777879808182
・血栓止血関連の有用サイト:
838485868788


YAHOOの知恵袋をご存知でしょうか。

管理人も時々訪れています。質問をすることもできますし、自分の得意領域の質問に対して回答させていただくこともできます。

管理人は、ほとんど、病気、症状、検査関連の領域を訪問させていただいているのですが、深刻な内容のご相談が多数あります。

その中で、管理人の得意領域であって、お答えしやすい質問があった場合には、全力でお答えするようにしています。

なお、以下のURLは管理人が今まで回答させていただいた内容がわかるページです。

なかなか、定期的にYAHOO知恵袋を訪問することはできないのですが、今後とも時々訪問したいと思っていますので、どうかよろしくお願いいたします。
なお、aachan1219というのが、このブログの管理人である私のペンネームでございます。

知らない間に、200件以上の回答をさせていただいたようです。少しでも、お役にたっていると嬉しいのですが。。。

http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=aachan1219 ←クリック


(続く)

健康病気症状相談コーナーのトップページへ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。



スポンサーサイト

  • 2017.09.26 Tuesday
  • -
  • 17:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
10月中旬、Yahoo!知恵袋で回答をいただきました、dhrnj385と申します。
あちらは文字数制限があり多くを伝えきれないと判断し、続きをこちらへ残させていただきたいと思います。

かかりつけ医師からは「血栓性静脈炎」とか「深部静脈血栓症」という説明はありませんでした。
現在もワーファリン服用を続けています。

同時期に知人が肺血栓で入院したのですが、退院後ワーファリンを服用しながら通院し新たな血栓ができていないと診断後、服薬もなくなったそうです。

今日診ていただいた時、「抗リン脂質抗体症候群」の話をしたら、原因はそれと思われるそうです。たとえ検査の結果確定したとしても治療方法はこれまでと変わらない、と言われました。

この病気は難病指定されていますが、担当医師が認定することで何らかのデメリットがあるのでしょうか?

原因不明のまま(難病の可能性が高いことが告知されないまま)通院を続けてきたことを残念に思い、転院することを決め、紹介状を書いていただきました。

勤務先に近い都心の病院(新宿または池袋付近)にしたいのですが、どこかご紹介いただけないでしょうか?

よろしくお願い申しあげます。
  • dhrnj385<Yahoo!知恵袋
  • 2008/11/19 3:07 PM
ワーファリン内服が必要な病状ということですので、深部静脈血栓症なのだと推測します。ただし、病名をはっきり伝えられていない理由は私にもよく分かりません。

抗リン脂質抗体症候群の診断のためには、抗カルジオリピン抗体とループスアンチコアグランとのいずれか一方以上が陽性であるというのが条件です。ですから、どちらかが陽性であったのでしょうか。

また、3ヶ月以上あけて、上記検査陽性の再現性を確認することも診断基準に定められています。

さて、深部静脈血栓症の原因が、抗リン脂質抗体症候群であった場合に治療法が変わるかというご質問ですが、確かにワーファリンの内服という点では変わらないかもしれません。しかし、内服期間が変わる可能性があります。抗リン脂質抗体は消失することは例外的ですので、抗リン脂質抗体症候群であれば永続的なワーファリン内服が必要になります。

また、抗リン脂質抗体症候群は他に原因が見当たらない特発性のもののほかに、膠原病に合併することもあります。ですから、膠原病が隠れていないかどうかのチェックも必要になってきます。

関東圏の病院は良く分からないのですが、膠原病内科や血管外科のそろっている総合病院が良いと思います。

多少なりともお答えになっているでしょうか。
  • あーちゃん
  • 2008/11/20 12:01 AM
お忙しいところ回答いただきまして、誠にありがとうございます。
「膠原病内科や血管外科のそろっている総合病院」を捜して検査に行って参ります。
  • dhrnj385<Yahoo!知恵袋
  • 2008/11/20 1:09 PM
お忙しいところ何度も質問して申し訳ございません。
「膠原病内科」と聞きなれない診療科目ですが、リウマチ科とは異なるものでしょうか?
  • dhrnj385<Yahoo!知恵袋
  • 2008/11/20 3:32 PM
ありがとうございます。

膠原病内科が無い場合には、多分リウマチ内科でも良いと思いますが、病院によって違うかも知れません。

抗リン脂質抗体症候群が専門の科はどこですかと、受け付けで聞かれた方が無難かもしれないです。
  • あーちゃん
  • 2008/11/21 7:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会