<< 脊柱管狭窄症とオパルモン、プロサイリン、ドルナー | main | HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染者数/患者数)2008 >>

閉塞性動脈硬化症とアスピリンのワーファリン使い分け

閉塞性動脈硬化症(ASO)の記事を続けたいと思います。
この病気には、抗血小板薬(アスピリンなど)は有効ですが、ワーファリンは無効です。しかも、ワーファリンの併用は出血の副作用を増加させるのみであるとの報告があります。

アスピリンとワーファリンの使い分け


1)閉塞性動脈硬化症とは:

下肢(あし)にいく動脈が動脈硬化のため細くなって、血流が悪くなる病気です。
病気の進行度にはランクがありますが、内科で診せていただくこの病気の患者様は、長く歩いていると、下腿(ふくらはぎ部分)が痛くなるということで受診されることが多いです。
  
しかし、痛くなってもしばらく休んでいますと痛みがやわらいで、また歩くことができるようになります。医学的には、間歇性跛行(かんけつせい はこう)と言います。
  
休むと痛みがとれるから大丈夫ではなく、早々に病院に受診する必要があります。足が腐る直前のこともありえます。


2)閉塞性動脈硬化症の治療:


1. 原因となった疾患の治療:

糖尿病、高血圧症、高脂血症などの病気をお持ちのことが多いです。
それらの病気の治療を充分に行います。


2. 禁煙:

タバコを吸っておられる方は、絶対禁煙が必要です。


3. 血液の流れを良くする治療:
    
アスピリンは血液をさらさらにしますが、下肢の血流を良くする(血管を拡張する)作用はありません。第一選択薬は、プレタール、プロサイリン(ドルナーも同じ)です。

かなり進行してしまいますとバイパス術と言った外科手術が必要になりますが、そうでなければ、プレタール、プロサイリン(ドルナーも同じ)は特効薬です。とても良く効きます。

ただし、これらのお薬には副作用があります。
頭重、顔のほてり、動悸が高頻度でみられます。
とくに内服を開始して1ヶ月以内でみられやすいようです。
ただし、この時期をクリアできますと、副作用はほとんど感じなくなりますので、なんとか乗り切っていただきたいところです。

なお、私は副作用を少なくする目的で、少量から開始して少しずつ増量するようにしています。

また、アスピリンを併用することもあります。


4. 運動療法:

 上記のお薬を内服した状態で、散歩を励行していただきます。
これは、新しく血管(バイパスの血管)を発達させるためです。
万一、動脈の本幹が閉塞してしまっても、バイパスの血管が発達していますと、緊急手術に至らずにすむことがあります。

 ただし、重症の方では、運動療法をできない場合がありますので、主治医と充分相談しましょう。


3)他の動脈硬化症に注意:

 この病気をお持ちの患者様は、下肢へいく動脈だけでなく、全身の他の血管も動脈硬化が進行していることが多いです。
 そういう意味で、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などにもなりやすいですので、全身のチェックが必要です。


(補足)
早期診断のために:

糖尿病、高血圧症、高脂血症などの病気をお持ちの患者様は、定期的に下肢にいく血流が悪くないかどうかの検査をされておくことをお薦めしたいと思います。

ABI(PWV)という検査です(心電図と血圧をたして2で割ったような検査です。全く痛くない検査です)。

この検査で、自分の血管年齢も分かります。



<閉塞性動脈硬化症のリンク集>


【閉塞性動脈硬化症】手遅れにならないように!

【足が腐る病気の治療】閉塞性動脈硬化症

【血液をさらさらにするお薬】間違い処方

【閉塞性動脈硬化症に弾性ストッキング??】

【ドルナー:何科】閉塞性動脈硬化症、プロサイリン、プレタール

【閉塞性動脈硬化症】(まとめ)



【抗血栓療法の種類】アスピリン、ワーファリン他

【血便と閉塞性動脈硬化症】痔?虚血性大腸炎?

【脊柱管狭窄症】血流改善薬が効く






健康病気症状相談の入り口へ

人気blogランキングへ(病気症状ジャンル)

スポンサーサイト

  • 2018.09.18 Tuesday
  • -
  • 18:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
役立つ記事ありがとうございます。
あーちゃん先生は、抗血小板薬を投与されるとき、潰瘍防止のため、胃の薬もあわせて処方されるのでしょうか?
  • ロンチャン
  • 2009/07/01 8:34 AM
ロンチャン先生、コメントありがとうございます。

私は、抗血小板薬を使用する場合は、胃薬(主として粘膜保護剤)を併用することが多いと思います。

ロンチャン先生は如何でしょうか。
  • あーちゃん
  • 2009/07/01 9:14 AM
ご回答ありがとうございます。
これからは私も、抗血小板薬を処方する場合にできるだけ粘膜保護剤を併用していくようにいたします。
また、抗血小板薬剤ではありませんが、ワーファリンの場合はいかがでしょうか?しつこくてすみません。
  • ロンチャン
  • 2009/07/01 5:22 PM
ロンチャン先生、コメントありがとうございます。

ワーファリンの場合には、胃薬を入れないことが多いように思います。
  • あーちゃん
  • 2009/07/01 5:37 PM
初めまして!
とてもわかりやすく、興味深く読ませて頂いています
ちょっと疑問があるので教えてください
動脈硬化とはよく聞く病名ですが、動脈だけ硬化するのですか?静脈はどうなのでしょうか?
素人の素朴な疑問で申し訳ありませんが、教えて頂けると嬉しいです。
  • まるこ
  • 2010/10/03 7:49 PM
まるこさん、この度はご訪問ありがとうございます。

確かに、動脈硬化はあるのに静脈硬化は聞いたことないですよね。

このような医学の本質をつくようなご質問は、管理人好みです。
ありがとうございます。

しかし、残念ながら、管理人は答えを持ち合わせていません。
管理人も答えを知りたいですが。。。

おそらく、動脈は血圧が高いのに対して、静脈は血圧が低いために硬化をきたさないのではないかと思います。
でも。。。
100年後の人類は、動脈硬化のみではなく、静脈硬化で悩まされるような時代になっているかもしれないですね。
  • あーちゃん
  • 2010/10/03 8:53 PM
お返事ありがとうございます!

なるほど・・・血圧が関係してくるのですね!

うーん、病気って難しいです、でも、あーちゃんさんが書かれてる内容はとってもわかりやすいです!世の中の先生たちもこんなわかりやすい説明をして欲しいなぁと思います。

今後も読ませていただきます!
また質問させて頂くかもしれませんが、よろしくお願い致します!
  • まるこ
  • 2010/10/06 9:25 PM
はじめまして。
新年早々質問をさせていただきます失礼ををお許しください。
私はカンケツハコウや腰痛が気になって昨年、九大病院でエコー検査いたしましたが後頚骨動脈に閉塞があると診断されました。
あとコントロール良好の糖尿病があります。又気にはしていませんが中性脂肪が300と高めです。
お薬はコレバインとメトグルコのみでやっています。
 血管新生を期待して毎日運動にマッサージに精を出していますが、71歳と言う年齢もありそれも限界に来る事は眼に見えています。
ゆくゆくはバイパスかbFGFによる血管再建療法をするようになろうかと思いますが。手術をするのは、何か事が起こるのを待っているよりも、若い今のうちのほうが良いのではないか?と思ったりもいたします。
先生のご判断を仰ぎたいと思い新年早々質問をしてしまいました。
 お手すきの折に回答いただければ幸甚です。
やまんば@糖尿病さん、この度はご訪問ありがとうございます。

間歇性跛行は、今も継続しているでしょうか、それとも軽快していますでしょうか、不変でしょうか。
病状にもよりますし、その他の血管には病変があるかどうかによっても変わってきますので、一概に回答しにくいというのが正直なところです。

狭心症などの心疾患はないでしょうか。
脳梗塞(症状のない脳梗塞も含めて)はないでしょうか。

下肢だけの問題なのか、その他の心臓や脳の血管にも病変があるのかによっても変わってきますが、もし、下肢だけの問題であれば、プレタールやプロサイリン(ドルナーも同じ)などの、下肢の血管を拡張して血流を良くするお薬を使いたい気がいたします。

すぐ手術を考えるべきか、内科的治療を継続するかは、今の病状を総合的に判断することになると思います。

十分な回答にならず申し訳ございません。
  • あーちゃんの部屋
  • 2015/01/03 4:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
  • 血栓症の臨床(図解)88:YAHOO知恵袋での回答(by aachan1219)
    hisa (09/19)
  • 血栓症の臨床(図解)88:YAHOO知恵袋での回答(by aachan1219)
    あーちゃん (09/18)
  • 血栓症の臨床(図解)88:YAHOO知恵袋での回答(by aachan1219)
    hisa (09/17)
  • 【抗リン脂質抗体症候群】検査が必要な時は?
    ぱんだ (05/23)
  • 【抗リン脂質抗体症候群】検査が必要な時は?
    あーちゃん (05/21)
  • 【抗リン脂質抗体症候群】検査が必要な時は?
    ぱんだ (05/21)
  • 【抗リン脂質抗体症候群】検査が必要な時は?
    あーちゃん (05/21)
  • 【抗リン脂質抗体症候群】検査が必要な時は?
    ぱんだ (05/20)
  • 【こんなに若いのに脳梗塞!】抗リン脂質抗体症候群:S
    あーちゃん (05/10)
  • 【こんなに若いのに脳梗塞!】抗リン脂質抗体症候群:S
    fujiyuki (05/09)
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会