スポンサーサイト

  • 2018.12.06 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


症状・病気の 総リンク集 【総括】

一般の方に分かりやすい!」が目標です(一部は医療関係者用)。下リンク集から、希望記事をご覧頂けます。ご質問はコメント欄でお受けしています。

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックでご支援いただけますと嬉しいです!

<総リンク集> 

【図解:血栓症の臨床】(←クリック。全記事が図解の特別推薦です!)
血栓症とは、脳梗塞、心筋梗塞、エコノミークラス症候群のように、血管が血の固まりで閉塞して突然発症する病気です。

 分かりやすい血栓症の基本知識(No1〜14:全14記事
 血液サラサラの治療(抗血栓・抗血小板、抗凝固療法)が良く分かる(No.15~27:全13記事
 アスピリンとワーファリンの使い分け(冠動脈ステント、心房細動、閉塞性動脈硬化症)(No.28~46:全19記事
 深部静脈血栓症/肺塞栓(エコノミー症候群)(No.47~72:全26記事
 抗リン脂質抗体症候群(APS)(No.73~82:全10記事
 血栓止血の関連サイト(No.83~95:全13記事

 医学図解(出血と血栓) NEW!


【出血】
青あざ(紫斑)
鼻血が止まらない
特発性血小板減少性紫斑病
播種性血管内凝固(DIC) 
【生活習慣病】
高コレステロール血症
糖尿病(血糖が高い)
高血圧症(血圧が高い)
高尿酸血症(痛風)
メタボリック症候群
【血管、血栓症】
あしが腐る・冷たい・痛い(閉塞性動脈硬化症) 
深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)
抗リン脂質抗体症候群
ワーファリン(血液さらさらのお薬) 
アスピリン(これも、血液さらさらのお薬)
アスピリンとワーファリンの使い分け
ヘパリン類(血液さらさらの注射薬)
血液おもしろ話 
図説(出血と血栓)
医学図解(出血と血栓) NEW! 
【消化器・肝臓・腎臓】
みぞおち(場所、病気)
タール便(黒色便) 
便潜血(便ヒトヘモグロビン)
肝障害
手の平が赤い(肝硬変)
腎障害(腎不全)・血尿
【心臓・呼吸器】
タバコ(煙草、たばこ)
かかんき(過換気)症候群
咳が止まらない 
胸痛
【感染症】
HIV・エイズ
インフルエンザ
【よくある症状】
貧血
頭痛(薬)
不眠症
めまい
むくみ(浮腫)
腰痛
認知症(ぼけ症状)
【お薬】
プラビックス  
PT-INR(ワーファリン)  
止血剤
【食事】
納豆の医学
内科医によるダイエット(食事療法)の勧め


健康病気症状相談コーナーのトップページへ

人気blogランキングへ(病気症状のテーマ) ←ワンクリックは、このブログへの投票になりますが、他の優良ブログもご覧いただけます。


ご質問は、コメントにご記入いただければと思います。同じコメント欄内で回答させていただくか、多くの方にとって共通の内容の場合は、記事として取り上げさせていただきます。

ウイルス性胃腸炎の流行?:悪寒、発熱、腹痛の症状

本日、管理人が在住する市内の病院で診療にあたったところ、ほとんど同じような症状を訴えられる数人の患者様を拝診する機会がありました。

ウイルス性胃腸炎ではないかと思っています。

1)    悪寒、発熱で初発
2)    全身倦怠感
3)    頭痛
4)    関節痛
5)    腹部膨満感(お腹にガスが張った感じ)
6)    下痢
7)    食欲不振
8)    呼吸器症状(咳、痰、鼻水、咽頭痛など)は、全くなし。

市販の解熱薬を内服して、熱が下がってから来られた方もおられるのですが、全くけろっとしておられました。解熱前には、39度以上の発熱があったにもかかわらずです。

現在話題の新型インフルエンザも気になるところですが、呼吸器症状が全くないですし、むしろ消化器症状が前面に出ていますので、違うと考えられます。

また、感染性腸炎のなかでも細菌性腸炎(食中毒を含む)も気になるところですが、解熱するとけろっとしているというのも、違うように思われます。

ウイルス性胃腸炎には特効薬はありません。将来、ウイルスを死滅させるようなお薬が登場して欲しいところですが、まだまだ時間がかかりそうです。

以下のような対症療法が中心になります。
1)    解熱薬
2)    胃腸薬
3)    脱水症状があれば点滴。食欲がなくても、脱水にならないように、充分に水分(スポーツ飲料など)を補給する。

皆様の地域、まわりの方には、悪寒、発熱、腹痛(腹部膨満感)などを訴えられる方はおられないでしょうか?

午前中にいろいろインターネット上で検索しましたが、今のところ流行情報はありませんでした。

たまたま、数人続いただけで、流行でないと良いのですが。。。。




人気blogランキングへ(病気・症状領域)人気ブログランキングに参加しています。

このブログをご支援いただける場合には、
人気blogランキングへクリックいただけますと大変嬉しいです。ワンクリックで1票が投じられます。ランキングがあがることで多くの人の目につきやすくなり、より多くの方にご利用いただけるようになるのではないかと思っています。



相田みつを美術館と、心のヒーリング



夏休みを利用して、相田みつを美術館を訪れました。管理人のお気に入りのスポットです。
東京駅と有楽町駅の間の、東京国際フォーラムの地下1階にあります。

東京国際フォーラムは、学会も良く開催される場所で、いろんな機会を利用して既に数回、訪れています。その度に、心が洗われています。



気取らない文調で、自然味のあふれる筆跡で、私たちの心にやさしく語りかけてくれます。
今回は、夏休みということもあり、家族で訪れました。

ワイフは、是非また来て、じっくりと堪能したいと言っておりました。

心の洗濯をしたいと言った時には、相田みつを美術館は如何でしょうか。


人気blogランキングへ(病気・症状領域)人気ブログランキングに参加しています。

このブログをご支援いただける場合には、
人気blogランキングへクリックいただけますと大変嬉しいです。ワンクリックで1票が投じられます。ランキングがあがることで多くの人の目につきやすくなり、より多くの方にご利用いただけるようになるのではないかと思っています。



新型インフルエンザの症状

人気blogランキングへ(病気・症状のテーマ)

新型インフルエンザの報道が大変気になります。本来は、インフルエンザウイルスは高温多湿に弱いはずですが、この調子ですと冬場が大変心配です。

最新情報によりますと、日本における現在の感染者数は、約5,000人です。一体いつの間にこんなに増えてしまったのでしょうか。

管理人が在住している地域でも、新型インフルエンザの報道が目立つようになってきました。

インフルエンザの症状は、本質的には季節性も新型もあまり変わらないのではないかと思いますが、どうも新型は軽症のようです。幸い、約5,000人の感染者のうち死亡者は1人もでていません。

また、インフルエンザの症状として高熱が強調されることがありますが、これに対して管理人は疑念を持っています。現在話題の新型においても37度台の微熱に留まることも少なくないようです。



念のため、風邪とインフルエンザの症状の違いを確認しておきたいと思います。



まず、普通の風邪ですが、咽頭痛(のどの痛み)、咳、鼻水が中心です。熱がでても、39℃を超すことは例外的です。全身倦怠感(体のだるさ)はあっても重症ではありません。

次に、インフルエンザですが、上記の風邪症状に加えて、高熱(38℃以上、時に39℃以上)、筋肉痛、関節痛、頭痛、全身倦怠感が加わることが多いです。

ただし、上述のように、高熱のないインフルエンザもあります。また、管理人の経験では、インフルエンザの方は、関節痛を訴える頻度が多い印象を持っています。

 

もう一点、注意事項があります。風邪症状で高熱の場合に、インフルエンザの他にも扁桃腺炎も考える必要があります。強いのどの痛みを伴います。つばを飲み込むのも痛いくらいです。この場合には、抗生剤による治療が必ず必要です。

 

 

 ・インフルエンザのリンク集

 ・血栓症の臨床リンク集へ(全95記事)

 ・症状・病気総リンク集へ

 ・健康・病気・症状相談コーナーのトップページへ

 ・人気blogランキングへ(病気・症状のテーマ) 

HIV/AIDS(エイズ):日本国籍男性の感染経路別(同性間性的接触など)2008

HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染経路別)2008より続く





今回も、厚生労働省エイズ動向委員会の報告からです。

人気blogランキングへ


上図は、日本国籍男性HIV感染者の感染経路別年次推移です(男性のみでのグラフになっています)。

異性間の性的接触に伴う感染者も増加していますが、その増加がマスクされてしまうくらいに、同性間の性的接触に伴うHIV感染者の新規報告者数が大きく増えています。

ただし、このようなグラフは慎重に評価すべきである点につきましては、前回も記事にさせていただいた通りです。

(続く)




HIV/エイズのリンク集 ←クリック!

トップページへ



HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染経路別)2008

HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(国籍別・性別)2008より続く





厚生労働省エイズ動向委員会の報告からの記事を続けたい思います。

人気blogランキングへ

HIV/AIDS(エイズ)に関して、HIVの感染経路はどうなっているのでしょうか。以下の感染経路があるようです。

1)異性間の性的接触
2)同性間の性的接触
3)静注薬物濫用
4)母子感染
5)その他
6)不明

さて、上図を見ましても明らかなように、同性間の性的接触の比率が抜きんでいます。異性間の性的接触も多いのですが、同性間と比較しますと少ない%になっています。

ただし、同性間の性的接触の比率が多いことの統計に対しては、注意して評価すべきであるという専門家の指摘もあります。

ホモセクシャルの方々は自分たちはリスクが高いことを認識しているために、積極的に検査を行ない、陽性であることが判明しやすいのに対し、異性間の場合には検査に行く頻度が格段に少ないために感染者であっても埋もれているのではないかという指摘です。

このような指摘は、的を射ている可能性があります。表面のみでなく、統計を慎重にみる必要があるのではないかと思います。

HIV/AIDS(エイズ):日本国籍男性の感染経路別(同性間性的接触など)2008



HIV/エイズのリンク集 ←クリック!

トップページへ



search this site.
categories
ランキング & 総リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
YAHOOブックマーク

人気blogランキングへ
ブログランキングへ
総リンク集へ
ページランク
ページランク
なかのひと
profile
recent comment
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    Aya (12/07)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    あーちゃん (12/06)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    Aya (12/06)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    あーちゃん (12/06)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    Aya (12/06)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    あーちゃん (12/06)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    あーちゃん (12/06)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    Aya (12/06)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    あーちゃん (12/05)
  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など
    Aya (12/05)
links
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEO対策アクセスアップリンク 相互リンクがアクセスアップ 検索エンジン【WODGE】 アズリンク ブログ検索サーチ BELL SEARCH! 個人サイト検索 あったかNAVI The Search 検索エンジン カテゴリ アクセスアップ トントコ 検索エンジンGOODSEARCH SEO対策ARIES☆Search 相互リンク支援サイト アクセスアップにX-TOOLS! 相互リンクPRO 検索エンジン登録 ASSISTANT SEO対策検索サイト アクセスアップ=ランキング+SEO相互リンク 相互リンク・サーフ ホームページ検索 ホームページ登録 相互リンクAGE e-poketサーチ サーチエンジンAccess.com アクセスアップは相互リンクで J.O.Y mayu サーチ SEO対策 Su-Jine Googleページランクの実験 ページランク3から にほんブログ村 健康ブログへ 健康・ダイエットランキング 相互リンクドクター!アクセスアップ 病気,症状,薬に対する病院,診療所,歯科医院の医者、歯医者さん探し医学情報サイトby健康向上委員会